ダウン症の顔を画像でみたら知的障害と違う事がわかった!

ダウン症と知的障害というのは違うのでしょうか?

ダウン症の症状は、主に顔に特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と知的障害の違い!

顔の中心部の発達・発育が通常と比べ遅い為、輪郭ばかりが正常に成長してしまう為に、独特の顔になると言われています。

ダウン症疾患を持っている人の顔を画像で見た場合、産まれた時から目がくっきりとした二重である等の特徴が見られます。

知的障害は、合併症として発症する事も考えられますし、成長過程において、「あれ?ちょっと…」というような疑問から

始まる事が多いとされています。

ダウン症の人の顔と知的障害の人の顔を、画像で比較した場合、目で見て分かる症状はダウン症になりますね。

知的障害は、障害の状態にもよりますが、話して初めて気が付く事も多いのが事実です。

ダウン症という病気は、染色体の異常によって産まれながらに発症している状態です。

「ダウン症=知的障害」という認識が根付いているのも事実です。

軽度のダウン症ですと、顔も成長過程で、ほぼ健常者と変わらないほど改善してくるケースもあるようです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症は母親のせいではありません!

障害を持って産まれてくるのは、誰のせいでもありません。

時に母親は自分を責めてしまいがちですが、誰も悪くないのですよ!

何らかの障害が分かった時点で、人工中絶を希望する人も多くなっています。

逆に、きちんと現実を受け入れて、出産に望まれる人も沢山いるのです。

 

お母さん

 

出生前診断での羊水検査を受け、たとえ陽性と判定された場合でも、気持ちの整理に時間はかかると思いますが、現実を受け入れる事も、命の尊さを大切に考える事ができるのではないでしょうか。

近年はインターネットの普及に伴い、ダウン症の症状や画像の検索が簡単にできるようになりました。

今、自分が知りたい情報が簡単に入手する事が出来る半面、多くの誹謗中傷や間違った記述の情報もあふれています。

 

▶︎ダウン症の転座型の特徴は×××!主な原因は遺伝なのか?

 

ダウン症の顔を画像でみたら知的障害と違う事がわかった!のまとめ

確かに我々の認識ではダウン症の症状を持った人たちは、知的障害を持っているイメージが強いですが、ダウン症の人みんなが知的障害を持っているとは限らないというのがわかります。

またダウン症の人が知的障害ではという認識は外見から判断してしまうというのも否めません。

しかし成長過程で顔も変わっていくという事、知的障害は合併症から起こるという事を知っているだけでも大きく対応や見る目が違ってくるのかな?って思います。

気になる事があったら医師に相談してみましょう!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ