ダウン症候群の特徴について!平均寿命は何歳?

先天異常の

早死する難病とされてきた

ダウン症候群。

 

身体的にさまざまな特徴が

あることでも知られています。

 

頭部の特徴としては、

顔が平たい、

目と目の間が開いていてつり上がっている、

鼻が低い、

口からはみ出す舌、

太い首、

頭を上から見た時に縦長ではなくて

横長に見えるといったことがあげられます。

 

スポンサーリンク

 

平均寿命が延びてきたダウン症候群

 

感染症への抵抗力が

弱いために病気に罹りやすく、

ダウン症候群の子どもの

約半数には

先天性の心臓病が認められるとされます。

 

そのため、

昔はダウン症候群の

子どもの平均寿命は

20歳くらいとも言われてきました。

 

しかし、

近年の小児循環器領域のめざましい進歩によって

重大な合併症が管理されるようになり、

ダウン症候群の人の

平均寿命は50歳くらいまで延びてきました。

 

New born

 

ダウン症候群の子どもには

精神運動発達の

遅れが見られますが、

遅れの程度は平均的には

中程度で個人差が大きいとされています。

 

早期からの療育が極めて

効果的だと言われています。

 

ダウン症候群の子どもは、

時間の経過を把握するのが苦手で、

抽象的な話を理解するのが困難です。

 

また、

耳からの認知や

耳から入った情報を

理解するのが苦手です。

 

構音に問題を抱えます。

 

しかし、

目から入った情報を覚え、

形態や空間を

認知することに優れています。

 

長期記憶も良く、

感受性が強くて

思いやりに富んでいます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の割合について

 

ダウン症候群で

生まれてくる赤ちゃんの数は、

出産の高齢化に伴い、

過去15年間で倍増している

との推計も出ています。

 

日本では新生児の

800~1000人に1人の割合

見られるとされます。

 

ダウン症候群の

子どもの可能性を引き出す

社会環境の早急な構築が望まれます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ