ダウン症検査!血液採取でオススメの病院は?

ダウン症の検査、

血液採取で

オススメの病院は

どこでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の検査方法について

出生前妊娠時のダウン症の

検査方法にはいくつかありますが、

流産の危険性が少ない検査方法に

血液採取によるものがあります。

 

これには、

従来の母体血清マーカー検査

新型出生前診断(NIPT)があります。

 

いずれも母体の血液を採取して、

胎児の染色体異常などを調べる点、

検査の結果で陽性と出ても

確定診断ではなく

「ダウン症の可能性がある」

にとどまる点で共通しています。

 

確定診断のためには

羊水検査などが別途必要となります。

 

もっとも、

両社は精度や費用の点で異なります。

 

ダウン症検査血液病院

http://xn--z8j9ixczj0673aywvb.com/entry1.htmlより引用

 

ダウン症の検査について

まず、

従来の血液採取である

母体血清マーカー検査には、

トリプルマーカーテストと

クアトロテストがあり、

ダウン症候群の検査には

クアトロテストが必要となります。

 

このクアトロテストによる

ダウン症の陽性検出率は

81%程度といわれています。

 

これは後述する新型出生前診断に

比べて精度は落ちるものの、

費用は1~2万円程度と安価なため

未だ需要が多いといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

一方、新型出生前診断は、

0~90%前後の確率で

胎児がダウン症であることを予見できます。

 

母体血清マーカー検査と

大差ないように感じますが、

ダウン症でない可能性を

99.9%予見できるため、

こちらの検査で陰性と判断されれば

ほぼ確実にダウン症ではないといえます。

 

しかし、

費用は20万円前後かかり、

分娩時の母体年齢が35歳以上であること

(ただし、例外あり)

などの検査が実施される条件が

厳しく設けられています。

 

以上のように、

ダウン症を検査する血液検査には、

これら二つの検査がありますが、

まずそもそも新型出生前診断は

実施している病院が少ないため、

選択肢は限られてきます。

 

また、

新型出生前診断でも

陽性の検査結果を受けると、

確定診断のためには

羊水検査などが必要となりますが、

病院によっては新型出生前診断で、

陽性と出た場合に、

この費用は別途かからないという

制度を設けている病院もあるので、

よく調べてから検査を受けた方がいいでしょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ