ダウン症の検査は羊水検査が効果的!?羊水検査問題について!

ダウン症の有無を判断する方法として「羊水検査」があげられます。

検査結果は、ほぼ100パーセントの確率で判断出来るとされています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の検査は羊水検査がオススメなのか!?

ダウン症の検査は、羊水検査が効果的であると言えます。

羊水検査とは、妊娠10週から20週の間で受ける事が出来ます。

ある程度、安定期と呼ばれる時期に検査が行われますが、 妊婦さんのお腹に直接針を刺し子宮内の羊水を採取して、DNA鑑定する方法です。

 

こうのとりと赤ちゃん

検査の結果は、陽性・陰性と判断されますので、もし陽性だった場合はダウン症である、という事になります。

他にも疾患が発見される場合も多いようです。

ダウン症の疾患があると判断されたら、合併症も出てくる可能性があります。

子宮内で正常に成長出来ない可能性も非常に高いのも事実です。

臓器不全等の疾患が合併症としてあげられてますが、必ず他の疾患があるわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

高齢者のダウン症の確率は80%なのか!?

 

特に高齢の妊婦さんの場合は、ダウン症や流産の可能性も出てきます。

晩婚化している現在は、高齢出産という言葉も、広く定着しているのも事実ですね。

高齢での妊娠・出産には、ダウン症の可能性が80パーセントと、高い数値が発表されています。

ダウン症の検査は、強制される検査ではありませんし、費用も実費となります。

約20万円程で受ける事が出来ますが、保険が適応されない検査となります。

羊水検査でメリットがあると考える人、デメリットでしかないと考える人。

では、羊水検査の結果が陽性だった場合、ショックは非常に大きいのも事実です。

中絶という手段が頭をよぎる事もあると思います。

ダウン症を持って生まれてきた赤ちゃんを、育てていく自信がないのも事実だと思います。

検査を受ける事は、中絶に繋がるという反対意見が非常に多いものです。

 

ダウン症の検査は羊水検査が効果的!?羊水検査問題について!のまとめ

高確率でダウン症とわかる羊水検査ですが、その分流産の危険性があります。

羊水検査を受診する人の多くの人が高齢出産者という事だといわれています。

また羊水検査を懸念する理由として、ダウン症だと判明した場合の流産や堕胎といった事から問題視されていますが、母親の気持ちとしては、健康であって欲しいという気持ちから羊水検査を受けるのもわからなくありません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ