ダウン症の検査をしておろす人の確率は!

お腹の胎児が検査をした結果、

ダウン症であった場合、

中絶を考え実行する確率は、

年々増加しているのが事実です。

 

100パーセントを基準にした場合、

70パーセントの確率で

中絶を希望する程高い確率である事が分かりました。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の中絶について

実際にダウン症の検査をする基準としては、

羊水検査を希望する場合は、

妊娠15週目頃に行います。

 

ダウン症の有無が確定するまで、

約1か月程の時間がかかるようです。

 

そして、

羊水検査は確実に

ダウン症の有無が分かります。

 

妊婦シルエット

羊水検査は、

高齢出産の領域にある人が、

受ける事を希望するケースが多くなってきました。

 

費用は10万円程で受けられます。

 

妊婦の血液検査でも、

ダウン症の可能性は

検査する事が出来ます。

 

流産等のリスクはありませんが、

可能性の範囲にとどまるのが

現在の状況ですから、

ダウン症の有無の確定には至りません。

 

費用は1〜2万円程で受ける事が可能になっています。

 

また人工中絶をするとしても、

妊娠22週目未満でなければ、

中絶する事が出来ません。

 

それまでに検査を受け、

どうするかを決めるのは、

苦渋の決断だと思います。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と向き合いどうするのか?を考える

 

授かった命が染色体異常の

ダウン症であるという事実と向き合い、

中絶をする場合も、

妊娠を継続する場合も、

気持ちが穏やかではいられないのが事実です。

 

出産したとしても、

その後の成長過程で

様々な問題が出てくるでしょう。

 

ダウン症で産まれた子供の将来まで、

心労は付いて回ります。

自信が無いという理由で

人工中絶を希望する確率が高いものです。

 

世間体を気にして、

流産だった…と

済ませる人も

多くなっているのが事実です。

 

悲しい現実ですが、

現実を受け入れて

全てに対して責任を持てないのであれば、

人工中絶という選択肢も

「あり」だと思います。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ