ダウン症検査!クアトロテストとは?

2013年3月に

新型出生前診断(NIPT)が

国内で認可されてから、

注目されている妊娠時のダウン症検査です。

ではクアトロテストとは一体何でしょう?

 

スポンサーリンク

 

東尾理子がクアトロテストを全国区にした?

クアトロテストという

名前をプロゴルファーで

タレントの東尾理子さんの報道を通じて

知ったという方も多いのではないでしょうか?

 

ダウン症 検査 クアトロ

http://www.recipe-blog.jp/profile/55599/blog/12308812より引用

 

東尾理子さんの

2012年6月3日のオフィシャルブログには、

妊娠15週でクアトロテストを受け、

ダウン症の確率が82分の1と告知されたけれども、

どんな子でも自分たちを

選んでくれたのだから

羊水検査は受けないといった

内容の記述がありました。

 

このクアトロテストとは、

母体の血液を10ml程度採取し、

その血液中に含まれる

4種類の成分(AFP、非抱合型E3、hCG、インヒビンA)から、

胎児がダウン症、18トリソミー、

開放性神経管欠損症である

確率を予測するものです。

 

スポンサーリンク

 

クアトロテストのダウン症検出率81%

この検査結果で陽性と出てもその結果は

「ダウン症児かもしれない」

という可能性を示唆するものにとどまり、

確定診断を得るためには別途、

羊水検査などを受ける必要があります。

 

正確性に欠ける検査ではありますが、

費用が1~2万円と安価であること、

羊水検査などと異なり

流産の危険性を伴わないものであることから、

羊水検査などの前に

受けることが多いようです。

 

実際に、

東尾理子さんも羊水検査の前に

この検査を受けられているうえ、

生まれてきた子の染色体を検査したところ

ダウン症児ではなかったそうです。

 

なお、このクアトロテストによる

ダウン症の検出率は

81%程度といわれています。

 

一方、これと同じく母体の血液から

胎児がダウン症であるかどうかを

知ることができる新型出生前診断は、

ダウン症でない可能性を99.9%判断できるものです。

 

しかし、

費用が20万程度かかり、

また検査対象となる条件が

限定されているため、

誰もが気軽に

受けられるものではないようです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ