ダウン症の検査はいつから可能か?リスク等はあるのか!?

妊娠した時に、

お腹の中の子供が

ダウン症であるかどうかは

とても気になる問題であり、

できれば早めに検査をしておきたいものです。

 

もちろん、

検査の結果から

ダウン症児であることが分かったとして、

その子をどのように扱うのかを

決めるのは両親たちです。

 

どのような選択をするにしても、

早めにダウン症児を

発見できるのがベストでしょう。

 

それではいつからダウン症児の

検査を受けることができるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症検査の時期について

ダウン症検査としては

羊水検査や血清マーカーテスト、

超音波診断、

絨毛検査、

新出生前診断といったものがあります。

 

妊婦

 

羊水検査は妊娠してから

15週から18週の時に

受けることができるのですが、

流産をする可能性があるため、

 

リスクを覚悟しましょう。

 

検査結果に関しては

羊水検査はほぼ100%の確率で

ダウン症児の判断をすることができます。

 

血清マーカー検査は

15週から21週の時に

受けることができます。

 

妊婦の血液を採取して

検査を行うためリスクは

まったくありません。

 

とても安全な方法であり、

検査結果の正確性としては

ダウン症の場合は86%となっています。

 

つまり100人が

この検査を受けると

14人の方は間違えた結果を

受け取ることになるため、

あまり信用性はありません。

 

リスクがないという

メリットがあるのですが、

確定診断できないことが

デメリットとなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

羊水検査はリスクがある?

超音波検査とは

妊娠後9週から11週で受けることができて、

ダウン症の検査だけではなくて、

他にもさまざまな異常を

チェックすることが可能です。

 

リスクはまったくありません。

 

ダウン症の可能性のみを

検査できるだけであり、

確実性はありません。

 

絨毛検査は妊娠後11週から

14週で受けられますが羊水検査と

同じくらいリスクがあります。

 

99%以上の確実性があるため、

確定診断ができます。

 

新出生前診断は妊娠後10週から可能であり、

リスクはなく、

確定診断はできません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ