ダウン症の検査が出来る広島の病院について!

広島に住んでいる方で、

ダウン症の検査を受けたいと

考えている人はたくさんいるでしょう。

 

まず、

ダウン症の検査方法として、

出生前検査があります。

 

スポンサーリンク

 

出生前検査について

これは妊婦の血液の中に存在している

胎児のDNA断片を解析することによって、

染色体についての異常が

見られないのかをチェックします。

 

広島大学病院

http://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/より引用

 

採血をするだけでいいためとても楽であり、

ダウン症だけではなくて、

他の異常についても見つけられます。

 

この検査は限られた病院でしか

受けることができません。

 

従来の検査方法である羊水検査は、

流産をするリスクがあるため、

血液による検査方法が注目されています。

 

広島県では

広島大学病院で

平成25年の10月から検査を開始しました。

 

興味のある方は問い合わせをしてみて、

詳しい話を聞いてみましょう。

 

ダウン症の検査は

産科婦人科で受け付けています。

 

最初に遺伝カウンセリングを受けて、

その後に採血をして、

2週間から3週間後には結果が分かります。

 

カウンセリングの際には

検査の特徴や内容、

影響などについて詳しく説明を受けることができて、

その後に妊婦が自分で判断をして

検査を受けるかどうか選択できます。

 

検査は妊娠10週から

22週の間に受けることができて、

費用は約20万円となっています。

 

申し込みをするためには、

個人で行うのではなくて、

かかりつけ医の方を通す必要があります。

 

スポンサーリンク

 

確実性を求めるならば羊水検査

採血検査だけでは確実な診断とはならず、

本当にダウン症であるのかを

はっきりとさせたいならば羊水検査を

受けなければいけません。

 

羊水検査では

すべての染色体異常が分かるわけではないため、

その点は理解しましょう。

 

ダウン症の検査を気軽に受けるのではなくて、

きちんと詳細を理解して、

じっくりと考えてから決めましょう。

 

また、

得られた結果はきちんと受け止めましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ