ダウン症の検査が出来るオススメの東京での病院は?

ダウン症の検査方法には、

超音波検査、

絨毛検査、

羊水検査、

母体血清マーカー検査(クアトロテスト)、

新型出生前診断(無侵襲的出生前遺伝学的検査・NIPT)

があります。

 

スポンサーリンク

 

クアトロテストについて

このうち、

超音波検査、

クアトロテスト、

新型出生前診断については

流産の危険性を伴わない検査方法であり、

特別な事情がない限り、

ダウン症の検査として

まずはこれらの検査を行うべきといえます。

 

超音波検査を除く、

いずれの検査方法も実施されている病院と

実施していない病院がありますが、

とりわけ2013年3月に国内で認可されたばかり

新型出生前診断は実施している

病院が限定されています。

 

ダウン症 検査 東京

http://www.innervision.co.jp/suite/siemens/supplement/1110/cr01/より引用

 

また、

クアトロテストも

新型出生前診断も

母体の血液を採取して

胎児の異常を調べるものであり、

羊水検査などの

確定診断前の

スクリーニング検査として

実施されるものですが、

費用の点で大きな差があります。

 

クアトロテストは1~2万円程度

新型出生前診断は約20万円かかります。

 

そこで、

より慎重に検査を受ける

病院を選びたいのが

新型出生前診断ですよね。

 

スポンサーリンク

 

東京都内での新型出生前診断が実施可能な病院は!

東京都内で新型出生前診断を実施している病院は、
品川区にある昭和大学病院、

世田谷区にある国立成育医療研究センター、

新宿区ある東京女子医科大学、

慶應義塾大学病院、

港区にある山王病院、

東京慈恵会医科大学附属病院および

総合母子保健センター愛育病院、

中央区にある聖路加国際病院、

文京区にある日本医科大学付属病院、

渋谷区にある日本赤十字社医療センター、

大田区にある東邦大学医療センター大森病院

があります。

このうち、

昭和大学病院は日本で初めて

新型出生前診断の実施をした病院として

注目をされている病院です。

 

また、

愛育病院、

山王病院、

聖路加国際病院

芸能人や皇室も利用する

病院として評判の病院ですね。

 

いずれの病院も

命の選別をすることになるかもしれない

出生前診断に慎重な姿勢をとっており、

カウンセリングなども

充実しているようです。

 

検査結果次第では、

その後その病院へ何度も

足を運ぶこととなるかもしれないので、

身体に負担の少ない

アクセスしやすい病院を

選ぶ方がいいと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ