ダウン症の羊水検査で陰性でもダウン症児が産まれる可能性はあるのか?

近年、出産前のダウン症検査について様々な物議を巻き起こしています。

検査する事で分かることが有るなら把握する事で不安を和らげることが出来る」という意見や、「検査で陰性だった場合、宿した命を簡単に奪ってしまって良いのか?」など複雑な議論が行われています。

現在では認められている検査で巣ので個人の判断でという流れにはなっている事は事実なのですが・・・

では、ダウン症の羊水検査での信頼性などはどうなのでしょうか?

毛羊水検査で「陰性」だったにもかかわらず、実際出産に至った時に検査結果を覆すような事例も有るのでしょうか?

出産前に検査することの方が良いのでしょうか?検証してみましょう。

 

スポンサーリンク


 

羊水検査を出産前に受けるべきか?

Young couple is looking forward to the birth of baby

羊水検査などの出生前検診を行うかは本人の意思に任されています。

しかし、検査には様々な問題も有るようです。まずは検査結果を待つまでの精神的な問題です。

自分の意思で検査をしたはずが、人によっては悪いイメージばかりを想像してしまい、不安定になってしまったりするのです。

また、検査結果が出るのも2週間弱ほどと日数が掛かるために、すぐに出ない分、頭で不安要素が巡りやすいのです。

 

スポンサーリンク

 

検査結果の信頼性はどのくらいか?

では、検査結果の正確性はどうでしょうか?

データでは100%の正確性では有りません。

0.5%くらいの確率で診断結果を覆す結果が起きています。

ですので、検査結果が「陰性」でもダウン症で有ったケースがすでに報告されています。

また、「陽性」だったにもかかわらずダウン症では無かったという逆も報告されています。

 

▶︎ダウン症の羊水検査後の過ごし方!お腹の張りや痛みは?安静期間について!

 

 

あくまで自己判断できちんと理解した上で検査を

実際、出生前の検査で分かる先天性異常はごくわずかだと言われています。

ですので、出生前の検査で以上が無かったとしても、正常な赤ちゃんが生まれる可能性が保障されることにはならないのです。

進歩した現代医学でも、いまだに「神のみぞ知る」領域が有ることを理解しましょう。

色々なものに惑わされず、ストレスを抱えないベストな出産を選ぶことを心がけましょう。

 

▶︎ダウン症の羊水検査後の堕胎や流産の確率はどのくらいあるのか?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ