ダウン症検査で陽性が出た人の何割が中絶するのか?

ダウン症検査で陽性が

出た人の何割が中絶するのでしょうか!?

 

現在、

賛否両論の意見で

問題となっている検査があります。

 

それは新出生前診断です!

 

新出生前診断」では、

胎児のダウン症の有無が

100パーセントに近い確率で判明します。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と診断された50%の妊婦が中絶

ダウン症検査で陽性となった場合、

中絶する人が増加しているのが現状です。

 

その確率も50パーセント以上という

高い確率になっています。

 

ダウン症 検査 陽性

http://mamari.jp/1586より引用

 

妊婦の子宮内から

羊水を抜き取り染色体の検査をする方法が、

一番確実な結果が出ます。

 

マーカー検査と言われる血液検査においても、

かなり高い確率でダウン症の有無が

分かるようになってきましたが、

羊水検査程の正確さはありません。

 

また、

陽性反応が出たとしても、

必ずダウン症であるとは言えないのが事実です。

 

例えば先天性の疾患があった場合でも、

陽性反応が出る場合も考えられます。

 

更に精密検査に進む状況も考えられます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児を中絶する理由は自信がない

ダウン症検査で

陽性が出た人の大半が

中絶という選択をする理由として、

障害児を育てられる自信が無い、

というものです。

 

ダウン症を発症している赤ちゃんを

「天使」という表現

している場合もありますが、

やはり育児の問題、

将来の問題等、

将来直面する現実を

考えての決断になります。

 

病気があっては、

ひとりで生きていけない等の

理由もあげられています。

 

国内での人工中絶は、

病気や疾患がある事が解ったからという理由では、

認められていないのも事実です。

 

しかし、

人工中絶を選択する人が

増加している現実です。

 

基本的に新出生前診断を受ける・

受けないを決めるのは、

妊婦であり、

配偶者ですから、

医師から勧められる事はありません。

 

近年の晩婚化で高齢出産をされる人が多くなり、

ダウン症児出産の確率も高くなっています。

 

高齢出産=ダウン症ではありませんが、

間違った認識で

中絶を希望する割合も増加傾向にあります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ