21トリソミー(ダウン症候群)の特徴をまとめてみた!

21トリソミーダウン症候群の

特徴をまとめてみました。

ダウン症の典型的な特徴のひとつには、

・精神と身体の発達が遅れる状態。

 

スポンサーリンク

 

21トリソミー(ダウン症)の特徴

21トリソミーの染色体異常の大半は、

精神と身体の発育が

非常に遅れるという特徴があります。

 

発達障害と呼ばれる場合もあります。

 

・赤ちゃんの時から、非常におとなしいという状態。

本来ならば、

元気に泣くという事が少ないのが特徴となります。

乳幼児期は夜泣き等が少なく、

手がかからないと言われています。

 

・顔が広く扁平である状態。

顔の筋肉の発達が遅れる為、

バランス良く整っていかない症状があります。

顔のパーツが

中央に寄り気味に見える事が多くあります。

 

・第5指の関節が2つしかない状態。

本来3つの関節から

形成されている指が、

2つの関節で形成されている場合が

多いのも特徴です。

 

・舌が出やすい状態。

口や舌の筋肉が非常に弱い為に、

舌を出したままの状態が

見られる場合があります。

 

・小児の知能指数の状態。

乳幼児では分からないのが通常ですが、

21トリソミーのダウン症では、

小学生くらいになると

知能指数が平均よりも低くなります。

 

・聴力が弱い状態。

耳に合併症を発症しやすい為、

聴力が極端に弱いケースがあります。

 

スポンサーリンク

 

21トリソミー(ダウン症)の優れた能力

21トリソミーのダウン症候群は、

健常者に比べ視覚運動能力が優れている人が

多いのも特徴としてあげられます。

 

例えば絵を描く、

書道をするというような場面では、

能力が上回るという事実があります。

 

小児時期に専門の教育を受ける人が多く、

早期からトレーニングを開始した場合は、

個人の優れた才能が発見され、

将来へと繋がる可能性が高いのも事実です。

 

ダウン症の症状にもよりますが、

絵や書の才能で注目され

活躍されている人が多くいらっしゃいます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ