出生前診断とダウン症の高齢出産の年齢は関係があるのか?

「出生前診断とダウン症の高齢出産の年齢は関係があるのか?」という質問をインターネットサイトでも非常に多く見ます。

結論から言うと、大きく関係してきます!というのが答えになります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と高齢出産の現実

現在の日本は女性の社会進出が多くなり、結婚よりも仕事を優先する女性が多くなってきました。

結婚も子供も、自分自身が満足・納得出来るまで仕事を続けた後、という考え方が関係しているようです。

しかし、結婚も出産も、自分の希望通りに行く事は、あり得ないと言っても過言ではありません。

 

妊婦

 

何より、自身の年齢が高くなっていくだけですから、確実に高齢出産という壁にぶち当たります。

不妊治療を視野に入れた妊活を頑張らなければならない状態です。

妊娠が成立して、幸せいっぱいのマタニティライフを夢見る事も、出生前診断の羊水検査を受け、ダウン症の有無を調べる事から始まる場合もあるようです。

出生前診断の結果を聞き、中絶を希望する人もいますし、尊い命と生きていくと決める人、様々です。

高齢出産とされる年齢は35歳以上と言われています。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産=ダウン症?

女性は35歳を過ぎると、妊娠しづらい体質になっていくのが現実です。

40代の妊娠・出産も母子共にかなりのリスクが伴います。

全ての高齢出産される人に当てはまるわけではありませんが、ダウン症の可能性も非常に高くなるのも事実です。

「高齢出産=ダウン症」というように、確率的には非常に高い確率で、ダウン症の赤ちゃんが生まれるというデータがあります。

二人目不妊という言葉も、近年では定着している言葉のひとつですが、30代前半で第一子を出産しているのにもかかわらず、二人目は30代後半になったため、妊娠を希望しているのに授からないという現実があります。

 

出生前診断とダウン症の高齢出産の年齢は関係があるのか?のまとめ

昔は今に比べ早くに結婚し子供を出産していました。

そのため今よりも結婚や出産年齢というのは早かったのが、わかります。

私の周りでも30代、40代で初婚という人は多く、やはりダウン症を心配している人も多くいらっしゃいます。

また高齢で出産し、元気な赤ちゃんを出産している人も多く、高齢=ダウン症が必ず産まれるというわけではなく、あくまで出産する確率が高いということになります。

しかしながら、初産となると心配になるのもわかります。

羊水検査はリスクがありますが、エコー検査や血液検査はリスクがないため妊娠したら受診してみるのも良いかと思います。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ