出生前診断でのダウン症の確率は?

出生前診断でのダウン症の確率は、どのくらいわかるのでしょうか?

子供を望む人にとって妊娠がわかる事は、とても嬉しい出来事ですね!

 

スポンサーリンク

 

ダウン症だと100%わかるには羊水検査!

特に不妊治療を経てという方には、これ以上の幸せは無い!とまで思える事実だと思います。

しかし、近年の晩婚化社会では、自身が高齢出産の領域にある人も多くなっているのが現状です。

高齢出産には、様々なリスクが発生してきます。

普通に夫婦生活をしているのにもかかわらず、一向に妊娠する気配が無い「不妊」と言われる事から、やっと妊娠したのに胎児の異常が発覚した、等の状況になり得る可能性が高くなります。

 

出生前 診断 ダウン症確率

 

出生前診断でのダウン症の確率は、羊水検査をした場合、ダウン症の有無は100パーセントの確率で知ることができます。

母親のお腹に針を刺し、直接羊水を取る方法となりますので、流産の危険性もあるという事です。

また、血液検査の場合、ダウン症の確率は99,1パーセントだと言われていますが、確定するまでの精密さは期待できません。

母体の血液を採取するだけの検査ですから、流産の危険性はありません。

出生前診断でのダウン症の確率を知りたい人は、とても多くなっています。

出生前診断事態が、賛否両論で、話題にもなっています。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産とダウン症の関係とは?

高齢出産でダウン症の赤ちゃんが産まれる確率としては、年齢によって違いますが、高齢になればなるほど、確率的には高くなっていくばかりだと言えます。

30代後半からの出生率では、ダウン症の赤ちゃんが増えている傾向にあるのも事実です。

染色体異常が原因であるとされるダウン症は、その他の合併症も持ち合わせて産まれる確率も高いと言われています。

女性は子供を産む為には、期間限定という状態になります。

高齢になればなるほど、出産が困難になるのも事実です。

晩婚化が進む事で、ダウン症を心配して出生前診断を希望する女性が増えてきました。

 

出生前診断でのダウン症の確率は?のまとめ

私の母も不妊治療を続け、結婚13年目の高齢出産で私を産んでくれました。

ダウン症ではなく、未熟児で産まれましたが今は私も子供が生まれ母として家庭を持っています。

私の母の時代は、今ほど出生前診断が進歩しておらず、母はダウン症や障がいといった事をかなり気にかけたそうです。それでも私を産みたいと思い、出産したと聞きました。

もしダウン症や障がいを持っており、出産しようと決意する人、考えた末堕胎する人、それぞれの思いがあるのだと改めて思いました。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ