胎動の動きとダウン症の関係は?激しいと良いのか!?

妊娠中期に入る頃から、妊婦さんが「胎動かな?」と思うような、お腹の中の赤ちゃんが動く気配を感じられるようになります。

これはダウン症でも同じです!

 

スポンサーリンク

 

胎動の動きとダウン症の関係!

妊娠9ヵ月頃には、個人差はありますが、ハッキリとした胎動が分かるようになると思います。

胎児がお腹の中で元気に育っている証拠です。

胎動 ダウン症

ダウン症と診断されている胎児も、胎動は感じられます。

通常週数の発育よりは、筋力が弱い為、激しい胎動というのは少ないみたいですが、動いていると感じる事はあります。

ダウン症の胎児は、胎動が激しい?と質問を見かけますが、赤ちゃんがお腹の中で生きている限り動いているものです。

それが激しいと感じるか、大人しいと感じるか。母体にしか分からない事だと思います。

 

スポンサーリンク

 

臨月に入るとダウン症児の動きは!?

妊娠9ヵ月を過ぎると臨月に入ります。

ダウン症と診断されている場合は、大半が胎児の命を守る為に帝王切開という出産方法になるようです。

現在は逆子でも帝王切開する病院も多くなっています。

胎動の動きとダウン症の関係は、激しすぎるから良い!という事でも、大人しすぎるから心配!という事には繋がらないのも事実です。

マタニティ生活をする期間は、精神的にとても不安定になりやすいものです。

外部からの「もしかして?」という言葉は、非常に不安につながります。

胎動が激しすぎるから、おかしいのでは?というように。現在はインターネットの情報社会です。

キーワードを入れて検索するだけで、自分が知りたい情報が沢山出てきますね。

妊娠9ヶ月の胎動は、どちらかといえば激しい方だと思います。

胎動が激しいからダウン症であるかもしれない…という結論には至りません。

胎動とダウン症の関係は、あくまでも出産された方の個人的な見解になっていると考えた方が良いかもしれません。

▶︎4Dエコーはダウン症の特徴が本当にわかるのだろうか?

 

胎動の動きとダウン症の関係は?激しいと良いのか!?のまとめ

妊婦にとって胎動はとても気になります。

胎動の動きはダウン症の有無とは関係がないというのがわかり、一安心した事を私も経験しています。

私は胎動が結構激しかったので、気になっていたのですが、実際には違いました。

先生に聞いても胎動の動き=ダウン症という訳ではないので、やはり妊娠中に判断するには、出生前診断しかないようです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ