高齢出産でのダウン症出産確率は?

最近は晩婚化が進み、高齢出産が当たり前の時代になっています。

ただ、高齢出産であればダウン症の確率も高まることが、研究結果からも証明されています。

ダウン症は母親が若ければ生まれてこないわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

年齢とダウン症の発生率!

年齢と共にダウン症の発生率が高くなることは、すでに証明されている事実なのです。

20代の出産ではわずか0.1%という確率に対して、40代での高齢出産であれば、ダウン症が発生する確率は1%にも跳ね上がるのです。

 

ダウン症
http://nippon7777.exblog.jp/12035806/より引用

 

ですから、こうした事実を踏まえたうえで、できるだけ早くに子供を産みたいという傾向が強くなっているのです。

ただし、なかなか仕事優先で生活をしている女性が、いきなり家庭に入って黙っているわけにはいかないのです。

ただし、子供のことを考えると、少しでもリスクを低くしておきたいというのが女性の本音です。

だからこそ、現実と理想の狭間で頭を抱えることが多くなるのでしょう。

 

スポンサーリンク

ダウン症と向き合うと事の大切さ!

これから生活において必ず障害というリスクが、子供を考えるうえでは頭によぎります。

高齢出産ではダウン症の確率が高くなるため、可能な限り子供の状態に配慮しながら育てていくことが必要になります。

ただし、子供が障害を背負ってしまったとしても、それを卑下するのではなく、しっかり受け入れて子供の健やかな成長を願うことが重要です。

そんな大人になれるだけでも、人間性が磨かれた魅力的な自分になれるのです。

子供は親を成長させるもの。ですから、高齢出産でダウン症の確率が高くなったとしても、それでも自分たちの遺伝子を持った子供に会いたいという願いが、不妊治療のブームを巻き起こしているのでしょう。

だからこそ、高齢でも出産することができるようになっているのです。

 

▶︎高齢出産でダウン症の子が初産の割合は?

 

高齢出産でのダウン症出産確率は?のまとめ

近年ではだいぶ結婚や出産年齢があがりました。

こういった事もダウン症の出産確率を高める事につながっていると思われます。

しかし若くして出産をすれば大丈夫というわけではなく、確率が低いということだけは、頭に入れておく必要があります。

やはり自分がもし高齢でなかなか子供が出来ずに、ダウン症だとわかったとしても産むという決断を取るだろうな?と思います。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ