高齢出産でダウン症の予防は可能なのか?

高齢出産だから、ダウン症のリスクをあらかじめ予防したいという方も多いでしょう。

やはり、20代と40代では、出生のリスクが大きく異なります。

しかし、現実的には高齢出産でダウン症を予防するという策はありません。

つまり、防ぎようがないものなのです。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産でのダウン症の予防はあるのか!

遺伝子治療が発達して、これから治療ができるようになる可能性があるでしょうが、

まだまだ現実的に人間に実用することは、遠い未来に託された希望なのです。

ですから、高齢出産ダウン症の予防をするということは、現実的には不可能ということを知り、天から授かった運命であるということを悟るべきなのです。

夫婦でお互いに責任をなすりつけるのではなく、しっかり子供のことを受け入れて育児に励むことが、これからの人生を幸せにするテクニックとなるのでしょう。

 

ダウン症 高齢出産

自分には責任がないという言い逃れをしている時点で、親としての気構えは失格です。

これからの幸せを願って子供の健やかな成長を支えることが、親としての務めなのです。

高齢出産は卵子のリスクが高まり、それがダウン症発生率に関係しているとされています。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産でのダウン症の予防は不可能!

高齢出産であっても健康な子供を産む方が圧倒的に多いのが現状です。

だからこそ、確率論をいつまでも追い求めるのではなく、定めに従って夫婦で手を取り合って子供を育てていくことが、これからは必要な心得となるのでしょう。

現状としては高齢出産でダウン症の予防はできないということを知ることで、自分の気持ちの整理もしやすくなるでしょう。

新たな未来に期待することも大切でしょうが、今をどう生きるかを考えることによって、豊かな人生経験を子供に与えることができるようになります。

それこそが、家族としての幸せになるのです。

 

高齢出産でダウン症の予防は可能なのか?のまとめ

高齢出産でも圧倒的に健康な子供を出産する確率が高いですが、それでも不安等が必ず現れます。

ダウン症を始め高齢出産での不安はつきません。

少しでも気持ちの不安を取り除くためにもエコーなどの検診を受けることをお勧めします。

上記にあるようにダウン症の予防というのは不可能であり、これをやったら大丈夫というのがない為、やはりしっかりとした検査をうけるようにしましょう!

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ