ダウン症の子を持つ人の多くが幸せと感じる理由は?

スポンサーリンク

ダウン症は、先天性の障害の中で、2つの特徴を持ちます。

妊娠中に、障害に対して、確定診断を下せること。

先天性疾患の中では、比較的メジャーであること。

日本でも、年間、1200人ほどのダウン症の赤ちゃんが生まれていると、推定されています。

ダウン症の子を持つということは、どのようなことなのか?高齢出産が、珍しくなくなった今日、誰もが、自分のこととして、考えたい問題です。

down

出産直後は、親中心の悩みが多い

ダウン症の子を持つ、フツーの家庭の実態は、意外と知られていません。

近年、ダウン症児の養育ブログが、いくつか見られるようになり、ネットでも、知られる存在になってきました。

そうした養育ブログによって、フツーの家庭の実態が、分かるようになってきました。

どのブログでも、我が子がダウン症と診断された時、衝撃を受けたことが、記されています。

母親の場合も、父親の場合も、最初は、打ちのめされたような感じを、抱きます。

「なぜ、自分たちの元に、ダウン症の子供が生まれてしまったのだろう?」「自分は、この子を育てられるだろうか?」「もう、二度と笑えないのではないか⁉︎」など。

親中心の悩みが多いのが、出産直後です。

思い描いてきた子育てのイメージが崩れたことによる、戸惑い、不安が、悩みの中心にあります。

 

スポンサーリンク

→ダウン症の顔で分かる軽度と重度の違い!

 

ゆっくりした成長に、可能性を見いだす

出産直後の悩みは、ダウン症の子育てに関する、情報が不足しているために、生じます。

ダウン症児の養育ブログを読んだり、ダウン症の親の会に参加したりすることで、不安は、かなり払拭されます。

どの養育ブログにも共通するのは、ダウン症の我が子のゆっくりとした成長に、喜びを倍増させる姿です。

ダウン症の子供は、歩いたり、話したりするのが、健常児より1~2年は遅れます

遅れるものの、確実にできるようになります。

遅れてやってきた分、できるようになった時、喜びはひとしおです。幸せを噛みしめます。

ゆっくりとした成長に、歩みを合わせる保護者は、できた時に、可能性が広がるのを感じるようです。

「やらせてみたら、意外とできる!」ダウン症児を育てている父親は、ブログの中で、親が「できないと決めてしまわない」ことの重要性を、訴えています。

→4Dエコーはダウン症の特徴が本当にわかるのだろうか?

 

可能性を感じる幸せ

ダウン症の子供を授かった両親に、多くの人は、「あなた達なら育てられると、神様が思ったのよ」と、言葉を掛けます。

しかし、それは、違う感じがすると、ダウン症児を育てる、保護者は言います。

ある人は、次のように言っています。

「ダウン症の子供を授かったのは、『ダウン症の子供を育ててごらん?きっと、考え方が変わるよというメッセージ』だと受け止めています。」

考え方が変わるというのは、子供の可能性を感じた時の幸せ感かもしれません。

「挑戦させたら、意外とできる!」という充実感が、ダウン症の子を持つ人に、幸せを感じさせています。

→妊娠10週目でダウン症はエコーでわかるのか?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ