妊娠初期に必要な栄養素とは?必要な栄養素はサプリで摂取!

スポンサーリンク

妊娠中は、常にも増して、口にするものに注意したいものです。

赤ちゃんに大きな影響を与えるためです。

赤ちゃんが、急速に成長する妊娠初期は、特に栄養のバランスに注意しましょう。

日常の食生活では、不足しがちな栄養素があります。

妊娠初期には、どのような栄養素を積極的に摂取する必要があるでしょうか?

yousan

神経管閉鎖障害のリスクを減らすには葉酸が必要

妊娠初期は、赤ちゃんの神経細胞が作られる時期です。

脳や脊髄の神経細胞の約8割は、妊娠4~7週目に作られます。

妊娠7週目までに、特に重要な役割を果たすのが、葉酸です。

葉酸は、遺伝子の情報を持つDNAで構成された核酸の合成を助けます。

また、細胞の分裂や増殖を促す作用もあります。

妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児に神経管閉鎖障害が起こるリスクが高まります。

神経管閉鎖障害は、胎児の奇形や身体の麻痺につながります。

流産や死産の原因になります。

妊娠初期に葉酸を必要量摂取すると、神経管閉鎖障害のリスクを約70%低減することができます。

→【ダウン症予防】葉酸サプリの選び方!注意すべき3つのポイント

妊娠初期に必要な葉酸の摂取量は妊娠していない時の2倍

妊娠初期に必要とされる葉酸の摂取量は、1日に400μg。

これは、妊娠していない時の2倍にあたる量です。

葉酸は、緑黄色野菜に多く含まれる、水溶性ビタミンB群の一種です。

水溶性ビタミンは、体内に蓄積されません。

余分に摂取すると、尿などで排出されます。

また、葉酸は、水と熱に弱いのが、特徴です。

調理の際に、約50%が失われてしまいます。

食品に含まれる葉酸はポリグルタミン酸型の葉酸ですが、ポリグルタミン酸型の葉酸は、生体利用率が低いとされます。

ポリグルタミン酸型の葉酸の生体利用率は50%。

妊娠初期に必要な量の葉酸を、安定的に摂取するには、食べ物に加えて、葉酸サプリを飲むことが大切です。

スポンサーリンク

→葉酸サプリの効果!男性も葉酸を飲ん方が良い2つの理由

葉酸サプリに配合されるのが望まれる栄養素は?

葉酸サプリから摂取できる葉酸は、モノグルタミン酸型の葉酸です。

神経管閉鎖障害のリスクを低減する働きは、モノグルタミン酸型の葉酸による研究で明らかにされています。

そのため、厚生労働省は、モノグルタミン酸型の葉酸を摂取するように指導しています。

モノグルタミン酸型の葉酸が、1日に400μg摂取できるように考えられた、葉酸サプリ。

葉酸サプリには、妊娠中に必要とされる他の栄養素も、一緒に摂れるよう、大切な栄養素を配合してあるものが、少なくありません。

妊娠中に特に必要とされる、葉酸以外の栄養素は、鉄分、カルシウム、ビタミンです。

鉄分、カルシウム、多様なビタミンも配合し、妊娠初期の妊婦と赤ちゃんを守ってくれると、先輩ママたちの評価が高い葉酸サプリを、ランキング形式でご紹介しています。

そちらも参考にして、満足できる葉酸サプリを選んでください♪

→美的ヌーボプレミアムの口コミや評判!ダウン症予防に葉酸はいつから飲むべき?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ