妊娠13週目でダウン症はエコーでわかるのか?

ダウン症児の検査を

エコーによって行うことが可能であり、

多くの妊婦が実際にやっています。

 

エコーとは超音波検査のことであり、

これによって

お腹の中にいる赤ちゃんの形を

知ることができます。

 

スポンサーリンク

 

エコー検査について

ダウン症だけではなくて、

それ以外の異常に関しても

エコーによって発見することができるため、

ほとんどの方がエコー検査を受けています。

 

妊婦

 

エコーはリスクがまったくなく、

母体や胎児への影響はないため、

安心して行えます。

 

エコー検査による

ダウン症児の診断において、

よく話題になるのはNTと呼ばれるものです。

 

NTとはnuchal translucencyの略称であり、

後頭部に腫れが生じている場合は

ダウン症の可能性を疑われます。

 

このNTと呼ばれる部分が厚いほど、

ダウン症児である可能性は

高くなってしまうため気をつけましょう。

 

NTというのはリンパ液が

たまってしまうことによって

むくんでいる状態になっています。

 

このNTの厚さが

3ミリ以上になっている場合は、

ダウン症に関して注意しなければいけません。

 

医師はNTの状態や妊婦の年齢を考慮して、

ダウン症児である可能性が

どれくらいあるのかを考えます。

 

かなり高い確率で

ダウン症児の可能性があると判断されたら、

もっと確実性の高い検査を

実施することになります。

 

スポンサーリンク

 

NTの診断の制度について

 

NTの厚さによる診断は

それほど正確なものではなくて、

ダウン症児ではなく、

何の問題もないケースもあります。

 

したがって、

もしエコー検査を受けて、

超音波写真を見た時に

NTが厚かったとしても、

あまり悲観的になる必要はありません。

 

ダウン症児に関する正しい知識を持って、

検査に関する理解も

深めておきましょう。

 

本当にダウン症児で

あるのかどうかを確定するためには、

直接胎児の細胞を採取して、

遺伝子の内容を見なければいけません。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ