函館の羊水検査でのダウン症説明問題とは?

記憶に新しいという人も

多いと思いますが、

2011年に北海道函館市の

マタニティクリニックにおいて、

男性院長が間違った

羊水検査の結果を妊婦さんに伝えた、

という話題がありました。

 

結果に異常が無いと言われたのだから、

安心しますよね?

 

スポンサーリンク

 

函館の羊水検査のミスについて

妊娠中に異常が伝えられた場合、

夫婦間の話し合いで

羊水検査を受ける

ケースが多くなっています。

羊水検査では、

確実にダウン症の有無が判明します。

 

函館の羊水検査での

ダウン症説明問題とは、

羊水検査を受けた妊婦さんの胎児が、

ダウン症であるという結果が

出ていたのに、

異常なしという結果を

伝えてしまったミスです。

 

羊水検査

 

院長は、

書類が見にくく読み違えたと

説明していたみたいですが、

産まれてきた赤ちゃんは

ダウン症以外にも、

様々な合併症を発症しており、

生後三ヶ月半程で亡くなってしまいました。

 

「誤って伝えた」という状況に、

母親としては納得できません。

 

この赤ちゃんの両親は、

函館地裁に提訴しています。

 

けっして損害賠償等のお金で

片付けられる問題ではありませんが、

二度とこんなケアレスミスのような

問題は起こさないでもらいたいものです。

 

スポンサーリンク

 

函館の羊水検査でダウン症が発見された場合

超音波検査で

異常がある可能性が

指摘された場合、

血液検査や羊水検査で、

ある程度のダウン症や

病気を知ることができます。

 

特にダウン症に関しての羊水検査は、

賛否両論の話題として、

現在でも議論されている問題のひとつです。

 

妊娠中にダウン症であると

診断された場合、

人工中絶を希望する夫婦が

増えている現実があるからです。

 

もちろん五体満足で

元気に産まれてほしいという願いはありますが、

こればかりは、

どうしようもない問題です。

 

羊水検査のミスについてのまとめ

この函館の

羊水検査でのダウン症説明は、

母親の二度とこのような

ミスをしないでほしいという、

切実な願いも伝わる出来事だと思います。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ