羊水検査の結果でわかる事とは?医療費控除になる?

スポンサーリンク

高齢出産が増えるにつれて、多くなってきたのが、ダウン症の出産です。

赤ちゃんがダウン症かどうか、早くはっきりさせたい。

そうした願いに応える手段として、羊水検査があります。

羊水検査は、ダウン症の確定診断に使われる検査として、知られています。

yousuikensa

なぜ、確定診断になるのか?

羊水検査では、母体のお腹の表面から穿刺針(せんしばり)を刺し、羊水を採取します。

羊水には、胎児の皮膚や粘膜などの細胞が、含まれています。

その細胞を培養し、Gバンド分染法という方法で、染色体の数や形などを、顕微鏡下で調べるのが、羊水検査です。

胎児の細胞を直接調べるため、羊水検査は、ダウン症の確定診断に使われます。

胎児がダウン症である確率は、母体血清マーカーテストや新型出生前診断で調べることができます。

ただし、母体血清マーカーテストや新型出生前診断で分かるのは、あくまで、確率です。

→ダウン症の羊水検査後の過ごし方!お腹の張りや痛みは?安静期間について!

羊水検査でわかることは?

羊水検査でわかることは、染色体異常です。

ダウン症は、21トリソミーです。

21トリソミーは、常染色体の数の異常の代表的な疾患です。

21トリソミー以外に、18トリソミー、13トリソミーが、羊水検査でわかります。

性染色体の数の異常では、ターナー症候群、クラインフェルター症候群等がわかります。

また、転座、欠失等の、構造上の異常も、羊水検査でわかることです。

他には、開放性神経管奇形も、羊水検査でわかります。

開放性神経管奇形とは、二分脊椎や無脳症のことです。

ただし、脊髄が、皮膚で覆われている、潜在性二分脊椎については、羊水検査でわかることには、なりません。他の臓器の奇形についても、羊水検査ではわかりません。

スポンサーリンク

→ダウン症の羊水検査費用はいくら?

医療費控除になるのか?

羊水検査、母体血清マーカーテスト、新型出生前診断などは、医師の指示があって受ける、検査ではありません。

検査を受けるかどうかは、任意です。

任意で受ける検査は、医療保険の対象外です。

費用は、全額自己負担です。羊水検査では、相場は、12~15万円。

経済的な負担を軽減する手段として、気になるのが、医療費控除です。

羊水検査、母体血清マーカーテスト、新型出生前診断などは、検査の結果、異常が見つかり、医療的処置をした場合のみ、医療費控除の対象となるとするのが、税務署の見解です。

この場合、医療的処置とは、中絶ということになります。

中絶は、母体保護法に基づく理由で、妊娠を中絶した場合、かつ、中絶手術ができるとの認可が下りている病院で、合法的に中絶をした場合、医療費控除の対象となります。

→ダウン症で羊水検査をした際、流産する原因は何か?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ