NT検査はいつする?費用や精度はどの位なのか?

スポンサーリンク

NT検査は、胎児がダウン症の可能性がどの位あるのかを、初めて知らされる検査です。

妊娠初期に行われる、超音波検査の一つです。

NT検査は、いつ受けられるのでしょうか?費用や精度は、どの位でしょうか?

nt

NT検査は超音波検査の一つ!妊婦検診の際に受ける超音波検査よりも更に精密な映像

NT検査は、赤ちゃんの首の後ろに形成される、薄く水分が溜まった部分(NT)の厚みを調べる検査です。

NT検査は、NTの厚みを正確に測定して、ダウン症の発生確率がどの位かを、推定する検査です。

超音波検査の一つです。

超音波で胎児の上体を大きく映し出して、NTの厚さを測ります。

胎児の身体の真ん中の縦向きの断面を、胎児の側面から観察すると、頚部の浮腫が分かります。

通常の妊婦検診の際に受ける超音波検査より、更に精密な映像です。検査結果は、即日判明します。

スポンサーリンク

→NT検査とは?妊婦検診で具体的に何が分かるのか?

NT検査はいつからいつまでに受けられるのか?検査の精度は?

NT検査は、いつ受けられるでしょうか?受けられるのは、妊娠11週から13週の間です。

NTは、胎児の頭骨のてっぺんからお尻までの長さ(CRL)が、45~84ミリの時期に測定します。

検査に最も適した時期は、妊娠12週頃とされています。

NT検査は、スクリーニング検査です。

スクリーニング検査は、非確定的検査とも呼ばれています。

胎児に異常が起きていないかなどを調べ、確率で示すのが、スクリーニング検査です。

ダウン症の確率に関して言えば、NTの肥厚から診断できる精度は、75~80%とされています。

ちなみに、同じく侵襲度が低い母体血清マーカー検査は、いつ受けられ、精度はどの位かと言うと、妊娠15~21週に受けられます。精度は、80~85%です。

→ダウン症NT検査とは何の事なのか!?

NT検査の費用は?健康保険は適用されるのか?

妊娠11週から13週の間に受けられるNT検査は、通常の妊婦検診で行う超音波検査とは、区別して行われます。

NT検査は、妊娠初期に行われるスクリーニング検査です。

スクリーニング検査は、健康保険の適用外の検査となるため、自費で支払います。

費用は、2万円程度です。

もっとも、妊婦検診も、健康保険は適用されません。

基本検査で3000~5000円、特別な検査を行うと、10000~15000円の費用がかかります。

妊婦検診の費用は、補助金で助成され、自治体によって助成額は異なりますが、自己負担額は、半額程度になります。

NT検査の費用が、通常の妊婦検診費に含まれている場合もあります。

→羊水検査の結果でわかる事とは?医療費控除になる?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ