ダウン症同士の結婚は日本ではどう思われているのか?

「ダウン症同士の結婚は

日本ではどう思われているのか?」

気になるキーワードのひとつだと思います。

 

実際にダウン症の人同士の結婚は、

日本でもあります。

インターネットでも検索する事が出来ますね。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の結婚と妊娠について

一番心配される事として、

ダウン症の人同士だと、

子供ができた場合に

ダウン症が遺伝してしまうのか?

という問題ではないでしょうか。

 

mom with the kids

 

しかし、

ダウン症は染色体の異常であって、

先天性の病気ではありません。

 

その為、

ダウン症の人同士が

結婚して出産したとしても、

子供がダウン症である可能性は

極めて低くなります。

 

日本は外国から見たら、

差別も偏見もとても少ない国として

知られているようですが、

実際には差別や偏見が非常に強い国だと思います。

 

イジメの問題も、

近年ではエスカレートして

悲しい結末を

迎える人もいらっしゃいます。

 

その中で、

ダウン症候群という状態で

生活している人に対しての差別や

偏見も強いと感じる事が出来ます。

 

同じ病気を抱える人同士が、

親しくなる機会は多くなっていますね。

 

スポンサーリンク

 

障がい者者専門の支援サイト

身体障がい者専門の支援サイト等もあり、

登録する事で、

今までよりも世界が広がるのも事実です。

 

ダウン症の人同士の結婚は、

親や親族の反対が多いのが現状です。

 

日常生活に支援の手が無くても、

軽度のダウン症というだけで

「結婚」という可能性が

否定されてしまう

ケースがあるからです。

 

理由のひとつに

「世間体」という

感情があるからではないでしょうか。

 

逆に同じ者同士だから

気持ちが通じ合うという事も考えられます。

 

日本は団結の意識が強い国だと思います。

 

ダウン症同士の結婚を応援したいと思う人も、

沢山いらっしゃいますよ!

 

影ながらでも、

応援出来たら素晴らしい事だと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ