六平直政の弟はダウン症だったのか!

六平直政さんの弟が

ダウン症であった事は、

ご本人の告白によって知られています。

40歳の若さで他界した事も知られていますね。

 

スポンサーリンク

 

六平直政とダウン症の弟

六平直政さんといえば、

個人的にとても好きな俳優さんのひとりです。

味のある演技や役所で、

テレビや舞台や映画などの、

幅広い分野で活躍されています。

 

ŽÊ�F”o—D@˜ZŽè’¼­

http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_10/g2006103112.htmlより引用

六平直政さんの弟が

ダウン症を抱えて生きていたという事は、

本人よりもご家族の奮闘の日々があります。

 

ダウン症は軽度の症状でしたら、

日常生活に人の手を借りる事無く

過ごす事が可能のようですが、

 

重度の場合は一人では

生きていけないものでもあります。

 

バラエティ番組での

告白だったようですが、

医師の宣告が20歳までは生きられないと言われていたのが、

40歳まで生きられたとの事でした。

 

ダウン症は必ず合併症を持っているとは

限らないのも事実です。

 

心疾患が一番多い合併症のひとつとされています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の弟との絆

幼少期は、

ダウン症である

弟さんをかばう為の喧嘩

絶えなかったと言われています。

 

子供は目で見たそのままの事をとらえるので、

家族としては、

とても大変だっただろうと思います。

 

実の弟さんがダウン症であったという事で、

自分の子供がダウン症だという視点からは、

また違った状況が

見えてくるものではないでしょうか。

 

 

ブログ等で公開されているのは、

大半が自分の子供の

ダウン症の記事だと思います。

全てが親の目線で書かれています。

 

兄弟の視点から

見たダウン症の弟さんは、

親の視点とは

大きな違いがある事がわかりますね。

 

兄弟の繋がりを、

家族を本当に大切に思っている状況が

見えてくるのではないでしょうか。

 

とくに社会生活においては、

就職すら困難な場合も多くあります。

 

六平直政さんも、

日常生活の中で、

ダウン症である弟さんのサポート

真剣にしていた事も伝わる告白でした。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ