金田朋子の高齢出産が心配!子供がダウン症で産まれる確率は?

スポンサーリンク

妊娠6ヶ月と公表した、金田朋子さん。43歳での妊娠です。

テレビで見せる元気な様子には、高齢出産の不安を感じさせません。

高齢出産で心配される赤ちゃんの問題は、大丈夫でしょうか?

 

kanedatomoko

 

43歳での妊娠!こんな人も43歳で妊娠や出産を経験していた

金田朋子さんは、不妊治療をせずに、第一子を授かったと言います。

女性が、自然妊娠できる確率は、避妊せずに1年間性交渉した場合、20代で約80%とされています。

しかし、40代前半になると、確率は、30%台に落ち込みます。

不妊治療をしたケースも含め、43歳で子供を授かった芸能人や有名人には、なるみさん、田中美佐子さん、江角マキコさんがいます。

江角マキコさんは、第二子を出産した時、43歳でした。

→江角マキコがダウン症を告白した奥山佳恵に涙…その後は

金田朋子さんの妊娠生活!元気に動き回る胎児

金田朋子さんが、妊娠を公表したのは、妊娠6ヶ月の時です。

お腹の中で、赤ちゃんが元気に動き回っている事を、夫の森渉さんも、「すでにお腹の中でトレーニングを始めてるのかと思って、どんなモチベーション高い子が出てくるか、楽しみです」と、コメントしています。

エコーで、赤ちゃんの性別が分かる時期になっても、性別については、知らされていないようで、男の子でも女の子でも、違和感のない名前を考えているようです。

文字を見ると、子供の名前にしたくなるという、幸せいっぱいの妊娠生活が、ブログに綴られています。

スポンサーリンク

→奥山佳恵のダウン症は軽度なのか!?

エコー検査で特に指摘された様子はない!エコー検査でも特徴が分かるのがダウン症

エコー検査で、おおよその特徴が把握できるのが、ダウン症です。

ダウン症は、特徴的な容貌や身体的な特徴が複数あります。

そうした特徴は、エコー検査でも、見て取る事が可能です。

妊娠後期に見られるダウン症の特徴は、首の周辺の膨らみと手足の長さです。

首の周辺に膨らみがあると、ダウン症の可能性が高いと言われています。

また、手足が通常の赤ちゃんよりも短いと、ダウン症を含む、染色体異常の可能性があるとされています。

そうした特徴が、エコー検査で指摘されたという記述は、金田朋子さんのブログには見られません。

→松野明美がダウン症の子供の事を告白!?

43歳での妊娠はダウン症の出産確率が50分の1

ダウン症の原因は、精子や卵子ができる時の分裂異常、もしくは、受精卵の発育初期の分裂異常とされています。

妊娠した年齢が上がると、卵子の機能は低下して、分裂異常が起きやすくなると言われています。

授かった子供が、ダウン症を持つ確率は、妊娠したのが40歳の時は106分の1です。

その確率は、妊娠が1年遅れるごとに上がり、43歳で妊娠した時には、子供がダウン症を持つ確率は、50分の1まで上昇します。

43歳での妊娠は、流産のリスクも、20代の頃の4倍以上とされていますが、これは、卵子の染色体異常が一因となります。

→40歳からのダウン症の確率は意外と低い事が判明?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ