2013年24時間テレビダウン症の子達のダンス動画が賛否両論

2013年の24時間テレビの

ダウン症の女性たちのダンスの動画を見ました。

ピンク色のシャツを着て、

ミニスカートをはいて踊る彼女たちは

健常者と見分けがつかないくらい、

いきいきと踊っていました。

 

この、

2013年の24時間テレビの

ダウン症の人たちの、

ダンス企画を考えた人は、

すごく発想が豊かな人だったのでは

ないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子達が24時間テレビで輝いていた!

ダウン症というだけで、

一見閉鎖された世界を感じていましたが

彼女たちの明るさに、

見ている私の方も

楽しくなってしまいました。

この、

2013年の24時間テレビのダウン症の

患者の動画については

賛否両論があるとは思いますが、

私は個人的に、

すごく良い企画だと思いました。

 

ダウン症

http://akb48-news-matome.doorblog.jp/archives/32037361.htmlより引用

普段の生活で、

ダウン症の患者さんたちは、

こんな風にAKBなどという

アイドルと踊ったり、

歌ったりすることはまずないわけですから、

とてもうらやましいことなのではないか、

とすら思っているのです。

 

AKBのファンの人たちにとっては、

ぜひとも体験してみたい

イベントだったのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症を現世物にしているのだろうか?

賛否両論の中でも、

否定的な意見としては、

「障害の人を見世物にしている」などがあったようですが、

私はそうは思いませんでしたし、

この2013年の

24時間テレビの

ダウン症の人たちの

動画を見ている限りでは、

悪意を感じる画像とは思いませんでした。

 

それどころか、

本当にトップアイドルと共に

歌ったり踊ったりできて、

嬉しい気持ちがにじみ出ているのが

画像を見ていて良く分かりました。

 

この、

2013年の24時間テレビの

ダウン症の人たちの動画のように、

これからもこういう機会は

ぜひとも作ってあげるべきなのではないかと思います。

 

それが、

ダウン症の患者たちが、

生きているという証に思えてなりません。

ダウン症に関する興味というのも

わいてくるのではないかと思っています。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ