ダウン症ブログ!神様の不良品を読んでみて新たな気付き!?

ダウン症のブログで

「神様の不良品」というのがあります。

 

そのブログを読んでみました!

 

体内に含まれる染色体の不具合によって、

生じてしまうダウン症は、

出産年齢が

高齢になってくるほど発症しやすいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

40歳以上だとダウン症の確率は1/100

35歳までだと300分の1

40歳以上になると

100分の1を切る確率まで

上がってしまうのです。

 

妊娠した段階で

病院の検査を行っていくことに

なりますが、

大半は11週頃に

絨毛検査

実施して発覚しています。

 

絨毛検査

日本で実施してくれる

病院は少ないものの、

ダウン症を持って生まれないか

不安に駆られる人は

検査を行っているのです。

 

検査は2週間から

3週間ほどかかってしまうものの、

的確な結果が出てきます。

 

もしもダウン症が

自分の子供に影響を与えたとしたら、

どのような対応を取り

そして感情は維持していくことが

できるのでしょうか。

 

その状況の中で参考にすることができるブログがあります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症のブログ!神様の不良品について

それが「神様の不良品」というブログで、

検索をするとすぐに出てくることでしょう。

 

自分の子供が病院の検査でダウン症と発覚し、

ショックを隠し切れない状況から

立ち直っていった話を見ていくことができます。

 

神様の不良品

http://ameblo.jp/haaya21/より引用

 

徐々にダウン症の真実を知ったり、

子供との向き合い方を

理解していく中で、

前向きに生きていく姿を

確認していくことができます。

 

「神様の不良品」には

子供の画像も掲載されていますが、

元気そうな笑顔を

いくつも見ることができるでしょう。

 

その半面ダウン症についても

紹介していますので、

今後の参考にしていくことができます。

 

実際に高齢者が出産をしていく傾向にあり、

血液検査からでも

ダウン症が発覚することがあります。

 

手軽な検査で知ることができるものの、

高齢出産で

ダウン症になっているというケース

少なからずあります。

 

病院で胎児が

ダウン症とならなくても、

「神様の不良品」

チェックして心構えを

持っておくといいでしょう。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ