ダウン症予防に評判の葉酸!食べ物に葉酸が含まれている食品・食材

スポンサーリンク

妊娠中にぜひ取りたい栄養素として、最近特に注目が集まっているのが「葉酸」です。

葉酸が多く含まれる食材を知って、日常生活から取り入れていきましょう。

yousan

葉酸が妊娠中にいいといわれる鍵は「核酸」にあり!

ダウン症をはじめとした先天性異常の多くは、細胞や遺伝子のコピーミスが原因で起こると考えられています。

特に体が形成される妊娠初期にこうしたコピーミスが起こりやすく、先天性異常の原因になります。

こうしたコピーミスを防ぐために必要なのが「核酸」です。

核酸はDNAやRNAといった細胞や体の設計図を作るものです。

核酸が不足すると、そもそものDNAが上手く作れなくなり、損傷したDNAをコピーすることにつながります。

ボロボロの原稿でコピーを取っても、綺麗な原稿はできませんよね?

この核酸を作る元になるのが葉酸です。

ですから、妊娠初期あるいは妊娠を計画している最中から、葉酸を取ることが推奨されているのです。

スポンサーリンク

▶︎美的ヌーボプレミアムの口コミや評判!ダウン症予防に葉酸はいつから飲むべき?

葉酸が多く含まれている食品とは

葉酸が多く含まれている食品として、真っ先に挙がるのが、レバーです。

特に鶏レバーの含有量が多いです。

他にもウナギの肝にも多いのですが、こうしたレバー系の食材にはビタミンAの一部であるレチノールも豊富に含まれています。

これを過剰摂取すると奇形などの原因になるので、注意が必要です。

ほうれん草も葉酸を多く含む食材です。

ほうれん草には葉酸の他にも、妊娠中に嬉しい鉄分も豊富です。

ただ、生だと100g210μgなのですが、茹でると半分ほどに減ってしまいます。

また、女性にとって嬉しいのが、アボカドです。

100g中84μgと少なめなのが難点ですが、悪玉コレステロールを減らしてくれる作用もあります。

これらの食材は日常的によく食べるものもありますが、調理するのが大変だったり、調理すると栄養素が逃げてしまったりします。

そこで、もっと手軽に取れるということでおススメしたいのが、枝豆です。

枝豆は100g中260μgの葉酸を含んでいます。

枝豆はコンビニでも売っていますし、冷凍のものもありますから、いつでも手軽に食べることができます。

▶︎葉酸とは?ダウン症の予防に葉酸サプリが人気の理由


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ