ダウン症の原因はストレスだったのか?

ダウン症は染色体に異常をきたしたものであり、

ストレスが原因ではありません。

遺伝子の変異によって、

このような結果になるのです。

 

ですから、

いくらストレスを受けても、

それがダウン症の引き金になることはないのです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症とストレスの原因

ストレスを受け続けながら

出産までの時間を過ごすことは、

母体にとっても良い環境ではありません。

 

ダウン症のリスクの原因ではなくても、

母体が毎日健やかに暮らせる環境でなければ、

当然子供にとっても良い環境ではないです。

 

Tired pregnant woman

ダウン症の原因については、

現在も染色体の異常や視診を含め、

色々な情報を元にして診断を下します。

 

最近では晩婚化が進み、

高齢出産が当たり前の

時代になっていますが、

こうした環境がダウン症の子供を

産む原因となっているのです。

 

ダウン症の発症率は、

20代の母親に比べ、

35歳以上の高齢出産では

比率がアップします。

 

40代を超えるとさらにアップすることが

わかっているのです。

 

つまり、

卵子や精子の環境が、

遺伝子変異を起こす

きっかけとなっているのかもしれないのです。

 

ですから、

ストレスが原因でダウン症の

子供が産まれるのではなく、

元々の染色体に

何らかの異常が見られたため、

ダウン症の子供が産まれてくる

ということに至っているのです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と妊娠出産のタイミングについて

ダウン症という原因を

少しでも排除するのであれば、

妊娠や出産のタイミングは、

十分に検討すべきなのです。

 

仕事が大切だからといつまでも職場にいたとしても、

それは、

子育てを行う環境としては、

どんどんリスクが高まっているのです。

 

まずはストレスを感じにくい生活にすることが重要ですが、

ダウン症の原因ではないということを

踏まえたうえで、

これからの子育てに

臨むべきではないでしょうか。

 

それが、

健やかな子供を産むための心得となるのです。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ