ダウン症の原因を葉酸で予防と対策はできるのか!?

妊娠初期にかけて、不足するビタミン等の栄養補給にサプリメントが多く用いられるようになりました。

「葉酸」も栄養補助食品のひとつとして、広く知られるようにもなりました。

 

スポンサーリンク

 

葉酸とダウン症の関係性

ダウン症を防ぐために葉酸を摂取すれば、健常な赤ちゃんが産まれてくるのか?という問題ですが、葉酸にはダウン症を防いだり予防する効果はありません。

 

ダウン症 原因 葉酸
http://anemedina.com/yousan/より引用

 

従って、葉酸を妊活次期から妊娠初期まで飲み続けたとしても、ダウン症児を宿している可能性は十分考えられます。

葉酸を勧めている産婦人科も中にはあるようですが、薬で補うほど不足していない場合等にサプリメントも良いと言うクリニックもあります。

ダウン症の原因は染色体の異常であって、先天性疾患ではありません。

ダウン症児が先天性疾患を合併症として産まれてくる確率は高くなりますが、葉酸を飲んでいた場合でも、対策という事にはならないのが事実です。

少し極端な発想になりますが、例えば、出産まで葉酸を取り続けていた人、誰もが健常者を出産する事が出来るのであれば、ダウン症の人は世の中に一人も居ないという事になります。

長く飲み続けていた人でも、ダウン症児を出産する可能性はあります。

▶︎妊婦に与える葉酸のデメリット!葉酸を飲む前に知っておこう

葉酸ではダウン症は防げない!

厚生労働省では、「妊娠可能な年齢の女性等へのビタミンBの一種である葉酸の摂取がその発症のリスクを低減する」というように書かれています。

低減するというだけであり、予防できるとは書かれていません。

葉酸はあくまでもサプリメントですから、医薬品ではない事もしっかりと理解しておく事が大切です。

現在は、ダウン症を予防する方法は確立されていないのが現状です。

障害を持たずに産まれてきた場合でも、成長過程において、何らかの病気や疾患が見つかる可能性もあります。

治療方法が確立されていない病気は、本当に沢山存在します。

スポンサーリンク

▶︎ダウン症の検査は羊水検査が効果的!?羊水検査問題について!

葉酸は染色体のコピー複製に必要な栄養素!葉酸の摂取でダウン症のリスクは減る

葉酸は、染色体のコピー複製に欠かせない栄養素です。

葉酸を十分に摂取すると、ダウン症のリスクは、70%軽減されるとされています。

アメリカやイギリスなど、海外7カ国が合同で行った、臨床実験の結果です。

ダウン症等の先天異常の発症率は、日本は、アメリカの8倍、イギリスの6倍とされています。

高齢出産に加え、野菜を食べる機会が減った事が、原因に影響していると、言われています。

葉酸をサプリメントという形で摂取する事が、ダウン症の原因にアプローチするうえで、大切です。

▶︎葉酸サプリは薬局やドラッグストアで買わない方が理由とは?

天然型酵母葉酸100%の葉酸サプリ!オススメの葉酸サプリはコチラ

葉酸サプリに含有されている葉酸は、モノグルタミン酸型葉酸です。

モノグルタミン酸型葉酸は、吸収率が高く、厚生労働省が推奨しています。

吸収率が高いモノグルタミン酸型葉酸を、酵母に含有させる事で、体内により長く滞在させられるようになっているのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリは、天然型酵母葉酸100%です。

葉酸は、天然素材由来。ベルタ葉酸サプリには、21種類の野菜が使われています。

野菜を食べる機会が減った、現代の妊婦にオススメの葉酸サプリです。

ダウン症の原因にアプローチする、効果的な葉酸サプリとして、ベルタ葉酸サプリは、妊婦の間で人気です。

→今すぐ厚生労働省が推奨するベルタ葉酸サプリを見る


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ