エコーでわかるダウン症の特徴とは何なのか?

通常の妊婦検診でのエコーは、

胎児がダウン症であるかという事は、

詳しく分からないのが現状です。

 

エコーでわかるダウン症の特徴としては、

妊娠後期になると、

お腹の赤ちゃんの姿が

ハッキリと分かるようになりますので、

手足の短さが少し気になるかもしれない、

程度にとどまると思います。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症はエコーでどこまで判明するのか?

しかし、

後から思えば短く感じた気がする、

という意見が多いと感じます。

 

エコーのみでは、

それほどハッキリとした症状が

見えないというのが現実です。

 

首周辺にしっかりと

確認出来るような

腫瘍があったりした場合は、

ダウン症の可能性が高いと言われています。

 

その場合、

違う臓器の合併症を持っている場合が

あることがありますが、

すべてのダウン症の子が

合併症を持って生まれてくるわけではありません。

 

妊婦のエコー検査

妊婦検診でエコーの画像を一緒に見ると、

特に高齢出産の領域にある人には、

ダウン症の特徴が見えるか心配になりますね。

近年の晩婚化に高齢出産という、

リスクの高い出産が多くなっているのが現実です。

 

スポンサーリンク

 

確実にダウン症を判別したいのであれば羊水検査!

ダウン症の有無を確実に知りたい場合は、

羊水検査を受ける事です。

羊水検査はお腹から

直接用水を採取して行われるため、

流産の危険性が

非常に高いとも言われています。

 

また、

検査結果が出るまでには

かなりの時間がかかります。

 

高齢出産の年齢になると、

非常に不安だという声が多くあるのも事実です。

 

採血による検査も

近年は多くなっていますが、

明解な結果が出る可能性としては

低いとされています。

 

こちらは

短期間で検査結果が分かるので、

希望する人も多くなっています。

 

エコーでわかるダウン症は、

妊婦検診以外では

胎児ドックと言われる機関がありますので、

医師に相談してみるのも

方法のひとつです。

 

胎児ドックでは、

出産前に様々な検査を

受ける事が可能です。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ