ダウン症と抜け毛の関係!ダウン症の人は薄毛が多いのか?

スポンサーリンク

ダウン症の人は、身体的な特徴を複数持ちます。

はっきりとした特徴とは言えないものでも、「なんとなく、ダウン症の人には多いよね」と感じる、一種の傾向はあります。

そんな傾向の1つに、薄毛があげられます。

ダウン症の人は、つむじの辺りが薄い傾向があります。

ダウン症の人に抜け毛が多いのは、どうしてでしょうか?

down

ダウン症の人には貧血がしばしば見られる!貧血だと髪の毛に悪い影響がある

ダウン症の人は、血液疾患が多いとされています。

よく知られているのが、白血病ですが、鉄欠乏を主体とする貧血も、少なくありません。

鉄分が不足すると、ヘモグロビンが生成されなくなります。

赤血球に含まれるヘモグロビンが減ると、体内に酸素や栄養を、うまく送れなくなります。

髪の毛は、毛乳頭から栄養を受け取って、毛母細胞が分裂を繰り返す事で、育っていきます。

漢方では、髪は「血液が余って出来たもの」という考えから「血余」と呼ばれていますが、栄養と酸素が含まれた血液が、毛母細胞が機能するには、必要です。

貧血だと、髪の毛に十分な栄養が行き届きません。

→ダウン症の子は太りやすい?身長があまり伸びずに太るのは気のせい?

貧血は抜け毛を増やす!爪にこんな症状が現れたら貧血の心配がある

貧血は、酸素や栄養をうまく運べない状態です。

髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、抜け毛が増えて、薄毛といったトラブルを引き起こします。

ただし、抜け毛が増えても、貧血を疑う人は、多くありません。

ヘモグロビンが減少すると、体がだるかったり、冷え性になったりします。

口角炎も、ヘモグロビンが減っているサインです。

一番分かりやすいのが、爪の状態です。

貧血だと、爪が薄くなり、割れやすくなります。爪が反り返る事もあります。

爪の反り返りは、「スプーン爪」と呼ばれます。

スプーン爪が見られたら、貧血です。

抜け毛が多い時に、スプーン爪は、よく見られる症状です。

スポンサーリンク

→ダウン症の子は便秘になりやすい!便秘を解消する方法

抜け毛対策は食生活の改善が大切!動物性のヘム鉄を摂取しよう

貧血が原因の抜け毛は、貧血を改善する事が大切です。

貧血の改善には、食事を見直す事が不可欠。

血液の元となる鉄分、髪の主成分であるタンパク質を、十分に摂取しましょう。

摂取の仕方で気をつけたいのが、鉄分です。

鉄分には、非ヘム鉄とヘム鉄の2種類があります。

吸収率が高いのは、ヘム鉄です。ヘム鉄の吸収率は、10~20%です。

一方、非ヘム鉄は、1~6%しか吸収されません。

非ヘム鉄は、緑黄色野菜や海藻に含まれています。

動物性のヘム鉄を積極的に摂るようにしましょう。

豚レバーなら、100g食べると、1日に必要な鉄分をカバーする事ができます。

他には、ビーフジャーキー、卵黄、煮干しなどが、ヘム鉄を豊富に含んでいます。

ビタミンCと一緒に摂ると、さらに吸収率を高める事ができます。

→ダウン症に起こる先天性心臓疾患の種類一覧と特徴!


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ