ダウン症の新生児は横顔に特徴があるのか?

スポンサーリンク

ここ近年、「ダウン症」の関連情報が多くなりました。

今では生まれてくる前に判断できるなどの技術が出来上がり、その結果、「ダウン症」に対しての様々な見解が世間を賑わせています。

そんな中、「ダウン症」の新生児にはある特徴があるという噂があります。

横顔が健常児と違うというのです。はたして、それらの噂は本当なのでしょうか?

baby

ダウン症の新生児の特徴とは?横顔に違いがあるのか?

ダウン症の新生児にはある特徴があることは事実です。

横が落としては平坦です。目は短くて二重でくっきりしている、そしてつり上がっていたりします。

鼻は低くて、扁平であり、幅広い形をしています。

耳は健常児よりも小さくて、形に異常が有ある場合があったり、後頭部は扁平であり、首が短く、頭が太感じや、舌が健常児よりも長く口の中で収まりにくいような特徴もあります。

このように様々な特徴がある為に、医師が見るとダウン症の子供かは分かるとも言われています。

スポンサーリンク

▶︎新生児のダウン症の特徴は低緊張!どんな症状や状態になるのか?

ダウン症の新生児の顔つきが特徴的な理由とは何なのか?

では、どうして健常児とダウン症の新生児とでは顔つきなどに違いが出てしまうのでしょうか?その理由はいまだに分かってはいません。

実際に健常児でも横顔が平坦な子も存在します。

しかし、健常児の平坦な横顔とダウン症の顔を比べてみると、ダウン症の新生児のほうが平坦であるくらいなので、一概には言えませんが、分かりやすい場合もあります。

▶︎ダウン症の赤ちゃんはいびきが特徴的?睡眠での注意点は睡眠時無呼吸症候群⁉︎

生まれてきた子はダウン症かが気になる場合は

生まれてきたばかりの赤ちゃんが、ダウン症かどうかを心配されるのはよくあるケースだと思います。

もし、気になるようでしたら、掛かりつけの産婦人科に尋ねてみてください。

産婦人科では生まれてすぐにダウン症かを判断できる環境にあります。

出産して、退院するまでには知ることが可能でしょう。

不安があるようでしたら1人で抱え込まずに、産婦人科に尋ねてみましょう。

▶︎新生児のダウン症の特徴は舌の大きさ?小さくて長いのか?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ