ダウン症児の胎児の大きさは平均よりも小さいのか?

芸能人とかのお子さんでもよく

「ダウン症」という言葉を聞くでしょうが、

ダウン症というのは染色体というものがあるのですが、

そちらに異常が発生してしまうものです。

 

全員が全員なる病気ではありませんが、

1000人に1人の確率で

病気になるお子さんがいらっしゃいます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児の胎児の大きさについて

まずなぜ、

そういった症状の子が生まれてしまうのか?

だいたい最近出産する

年齢の平均は20代前半が多いです。

 

遅くても20代後半のうちに出産する人が多いのですが、

高齢者出産というものがございます。

 

40代や50代で妊娠をして出産をすることなのですが、

やはり年齢を重ねれば重ねるほど体力も落ちてきてしまいますし、

若い子とは全然違います。

 

Relaxation at home.

 

だから陣痛から出産までの時間も20代とかだと

早い人だと3時間とかで生まれてしまいますが、

高齢者になると24時間陣痛が起きたままの状態

になってしまったりするわけです。

 

当然生まれてきた子供に影響がおよび、

身長はもちろん体重も平均の赤ちゃんよりは

小さいので未熟児扱いとなります。

 

2600グラム以上あれば、

通常の赤ちゃんと言ってもよいですが、

それよりも体重が下だとダウン症かもしれないと

疑ったほうが良いですね。

 

スポンサーリンク

 

最新の医療とダウン症

今の医療はどんどん進化していきまして、

今までは出産してからじゃないと

ダウン症かどうか見極めることができませんでした・・・。

 

でも最新の医療は発達していて、

妊娠中でもダウン症かどうかを検査することができます。

 

だから、

東尾理子さんのお子さんがダウン症であるというのが

出産前に明らかになりましたね。

 

出産後に赤ちゃんは小さいですが、

ほかの子供と同様に大きく育っていきます。

 

ただ、一つ!

通常の赤ちゃんとは違って

成長する速さは遅くなってしまいます。

 

良い例で言えば、

みんなは1歳ほどで立つが

2歳までかかってしまったりとかですね。

 

でも重度の病気ではありません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ