新生児ダウン症の特徴は猿線です!

新生児のうちにダウン症という特徴を見るのであれば、猿線かどうかを調べることが有効です。

ますかけとも言われるこの特徴は、手の平を見ることによって確認できます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の特徴は猿線があるかどうかなのか!

手の平に一本だけ横に線が走ることを猿線というのです。

他にもダウン症であるという診断を下すためには、色々な特徴を調べる必要があります。

一番確実なのは染色体の検査なのです。

ですから、ダウン症という確定診断を下すためには、猿線などの見た目の特徴だけでなく、染色体を調べることによって、確実な情報として知ることができるのです。

 

新生児 ダウン症 特徴 猿線

http://astrology.neoluxuk.com/tesou/index.php/Cat1No/A200/Cat2No/200/より引用

新生児のダウン症は、特徴から判断することが多いのですが、実際には子供の成長を見守ることによって、ダウン症という事実を受け止められる時期がきます。

それからでも確定診断は遅くありません。

ただし、療育環境をそろえるために、新生児のうちからダウン症の特徴を踏まえて、確定診断を受けるという家庭も存在します。

 

スポンサーリンク

 

猿線だけでダウン症とみてはいけない!

ダウン症の特徴でもある猿線については、それだけで診断を下すということには抵抗があるはずです。

ですから、色々な特徴を踏まえてダウン症ではないかという疑いを知ることが、これからの育児に役立つのではないでしょうか。

ただし、必ずしも猿線がダウン症に確定的なものであるとは限らず、他の染色体異常の疾患でも見られることがあります。

新生児のうちからダウン症ではないかという不安を抱えるのではなく、子供が育ってきてから発育状況を加味して、疑いの有無についてを落ち着いて考えるのが良いでしょう。

新生児のうちからダウン症ではないかを不安に思っていても、何のメリットもありません。

早期診断は療育への架け橋となることもありますが、必ずしも早ければ幸せなわけではないのです。

 

▶︎ダウン症の新生児の泣き声に特徴や違いはあるのか?

 

新生児ダウン症の特徴は猿線です!のまとめ

猿線(ますかけ線)だけでダウン症を判断するのは、不可能というのがよくわかりました!

出生前診断でしたらエコー検査して可能性がある場合は、羊水検査!出産後は医師と相談してダウン症の検査というのが、一番確実な流れになるでしょう!

不安になる気持ちはありますが、焦らずしっかりと状況を把握する事が大切になります。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ