新生児ダウン症の特徴は足でわかる?

新生児のダウン症での特徴は足でわかるそうです。

その事について調べてみました!

新生児を見ていくと様々な病気になっているのではないかと、不安になってしまうケースがあります。

 

スポンサーリンク

 

新生児のダウン症の特徴は足!!

ダウン症も例外ではなく、体のあちこちで特徴的な症状を引き起こしているのが、分かるパターンもあります。

それが足でも特徴的なダウン症の症状が出ることがありますので、不安になったらチェックしておくことも大切です。

ダウン症の主な原因であると考えられているのが、高齢出産です。

出産する時の年齢が高くなっていくほど、子供に症状を与えてしまう確率を上げてしまうといわれています。

昔は妊娠中に提供される薬品だったり、場所によっては強くなっている放射線などが原因とされていました。

しかし現在さほど要因になっておらず、ダウン症に関しては関連性がないということが証明されています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の症状に見られる特徴

そして症状として、顔の形などが変わっていくという症状が見られます。

扁平によって顔などがのっぺりとしてきたり、指が太くなっていく傾向があります。

ダウン症になっている人の足を見ていくと、外反扁平足がひどい新生児を見かけることがあります。

 

幼児と乳児の足

 

この病気は足の裏を見ていくと土踏まずが存在しておらず、かかとの骨が垂直になっていないため、のっぺりとしているような形になっています。

骨格上の問題や先天性によって生じるものと言われていますが、ダウン症でも同様のケースがあると言われています。

外反扁平足にかかった状態のまま出産しないように、出産前にダウン症にかかっていないか病院で検査を行うことは可能です。

超音波血清マーカー検査羊水検査などがありますので、病気にかかっているかをくまなく見ておいてください。

正確な診断結果も出てきますので、どのように治療を進めていけばいいのかも相談していくことができるでしょう。

 

新生児ダウン症の特徴は足でわかる?のまとめ

ダウン症の特徴というと顔というのが一般的な認識だと思いますが、足にも特徴がでるというのは知らない人も多いのではないでしょうか?

こういった足への特徴も出生前診断でダウン症の傾向があるのか?というのは確認が可能ですので、不安な方は検査をしておくべきでしょう!

違っていたとしたら単なる取り越し苦労として気が楽になりますので!

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ