新生児のダウン症の見分け方は!

新生児の段階では、

ダウン症であるとは

分からない場合もあります。

 

出産してから少しずつダウン症の症状が

ハッキリと出てくるケースがあるからです。

 

新生児のダウン症の見分け方のポイントを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

新生児のダウン症の特徴

ダウン症を発症する新生児は、

とにかく言葉では表せない

「身体の柔らかさ」があります。

 

抱っこした時に関節が柔らかく

クニャっとした感覚

覚える事が多いと言われています。

 

Newborn baby sleeping

 

ダウン症の赤ちゃんは

「非常におとなしい」とも言われています。

 

健常な赤ちゃんと違い、

泣く事が少ないのが特徴です。

 

力が弱い事も、

特徴のひとつです。

 

母乳やミルクを力が弱い為、

じゅうぶんに吸って飲む事が出来ません。

 

余計に成長が遅れてしまう原因のひとつですね。

 

耳の特徴が分かりやすいかもしれません。

 

ダウン症の特徴のひとつでもある耳は、

通常よりも耳が小さめで

少し下の位置にあるという事が言えます。

 

明らかに耳が小さくて、

位置が下部にある場合は

ダウン症である可能性が高いと言えます。

 

手のひらが猿線である場合も

ダウン症の可能性が出てきます。

 

手のひらに一直線に伸びる線の事を言いますが、

母体に居た頃の手の握り方は、

赤ちゃん次第なので、

可能性は低いと思います。

 

スポンサーリンク

 

新生児のダウン症は顔の特長だけでの判断は難しい

新生児のでのダウン症は、

生後数日で少しずつ

分かってくるケースも多くあります。

もしかして?

と疑問を持った場合は、

医師に相談して

染色体の検査を受ける事で

ハッキリと分かります。

 

顔の特徴だけでの判断は非常に難しいのも事実です。

 

特に一般的な特徴のひとつとしてあげられている、

ぱっちりとした二重瞼は、

まだ目がハッキリと

開けられないので見分けることは

出来ないようですね。

 

出生前診断を受けた場合、

ほぼ100パーセントの確率で

ダウン症の有無が分かりますが、

賛否両論の意見で対立しています。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ