高齢出産の場合、双子のダウン症を妊娠する確率はどの位?

スポンサーリンク

高齢出産が、珍しくなくなっています。

高齢出産にともなって、増えてきたのが、多胎妊娠です。

双子の妊娠で、二人ともダウン症という事は、どの位の確率で生じるのでしょうか?

Two young handicapped twins.

高齢出産で双子の出産率は高い!高くなるのは不妊治療の影響から

双子の出産率は、0.3%~0.5%とされています。

ただし、高齢出産では、21.7%もの高率になります。

50倍以上に、確率が高くなっています。

高齢出産で双子の出産率が急増するのは、不妊治療の影響と考えられています。

不妊治療では、排卵誘発剤を用います。

排卵誘発剤を使うと、過排卵での妊娠が起こります。

また、体外受精の際に、胚移植の数を増やす事もあります。

高齢の場合、複数個の移植が認められています。

→高齢出産でダウン症の子が初産の割合は?

双子には一卵性と二卵性がある!高齢出産で多いのはどっち?

双子には、一卵性双生児と二卵性双生児があります。

このうち、不妊治療の影響を受けやすいのは、一卵性双生児です。

近年は、受精卵が分割して、胚盤胞になったタイミングで、子宮に戻す方法が、よく取られています。

胚盤胞になったタイミングで戻した方が、着床しやすいからです。

胚盤胞で子宮に戻すと、一卵性の双子になる確率が高まるとされています。

スポンサーリンク

→高齢出産だとダウン症になりやすい理由は?

高齢出産ではダウン症の確率が高い!38歳では175分の1

高齢出産では、ダウン症の出産率が上がります。

ダウン症の出産については、初産婦か経産婦かは、関係ありません。

妊娠した時の年齢によって、ダウン症の出産率は決まります。

高齢出産にあたる35歳以上の、ダウン症の出産率を見てみましょう。

35歳では、378分の1、38歳では175分の1、40歳になると、106分の1にまで、確率が上がります。

→高齢出産でダウン症の予防は可能なのか?

双子のダウン症を妊娠する確率は?二人ともダウン症なのは一卵性双生児

1970年代に比べると、2倍近くになった、双子の出産。

不妊治療の結果生まれやすいのは、一卵性双生児と言われています。

二卵性双生児なら、一人がダウン症で、一人はダウン症でないという事があり得ますが、一卵性の場合、ダウン症を妊娠したら、二人ともダウン症という事になります。

二人ともダウン症の双子を出産する確率は、200万分の1とされています。

ただし、この数値は、不妊治療の影響を考慮したものではありません。

不妊治療の進歩にともない、双子のダウン症を妊娠する確率は、より高くなっているものと思われます。

→高齢出産ダウン症検査をオススメする理由は!?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ