ダウン症の確率20代について!27歳からのダウン症の確率は!

20代で出産した場合のダウン症の確率は、低いとされています。

しかし、20代で若いから必ず健常な赤ちゃんが出産出来るとは言い切れません。

 

スポンサーリンク

 

染色体異常がダウン症

ダウン症は先天性の疾患とは違い、染色体の異常によって起きてしまう症状であるからです。

 

ダウン症 確率 20代

http://www.uniquepandorashop.com/より引用

 

誰にでも有る可能性のひとつです。

27歳で出産した場合、まだ世間で言われるような「高齢出産」の領域には当てはまらないのも事実です。

もちろん、お腹の胎児がダウン症である確率というのは、妊娠した女性全員に可能性として出てきます。

自分は高齢出産ではないから、必ず大丈夫であるとは言えないものです。

例えば27歳で出産予定の妊婦さんの場合、エコー検査で異常が見られない場合は、詳しく検査をしてみましょう、とは言われないと思います。

病院や医師の考え方によっても大きく差が出てきますが、よほどハッキリと確認できる症状が無い限り、疾患があるとは言えないものでもあります。

妊婦に対して、不安を倍増させるような事は控える病院が多くなりましたね。

安心してマタニティ生活を過ごせる事が、羊水検査を受ける理由のひとつに上げられています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症かもしれない不安

ダウン症かもしれない!と最後まで不安を抱えて生活するのは、正直苦しいのも事実です。

子供を望んでいるカップルの妊娠の発覚は、飛びあがる程嬉しいのが事実です。

もしダウン症の疑いが指摘された場合は、夫婦で良く話し合い結論を出す事しか出来ません。

自分を選んでお腹に宿ってくれた命だと思うと…

苦しい選択でもあると思います。

高齢出産にはリスクが大きいとされていますが、20代での出産も、様々な可能性が浮上してくるのも事実だと考えられます。

出産は若い年齢に越した事はありませんが、思うようにいかないのが現実ですね。
 

ダウン症の確率20代について!27歳からのダウン症の確率は!のまとめ

染色体異常がダウン症の原因とわかっていますが、予防をすればダウン症を防げるというものではありません。そこまでは今の医学では不可能です。

そのためエコー検査や血液検査で妊婦は、ダウン症の可能性を調べ、可能性があった場合は羊水検査を勧められる場合もあります。

羊水検査は母体にリスクがありますので、よく判断してから受診する事をお勧めします。

私はエコー検査と血液検査をしましたが、自分は絶対大丈夫!というのはないので、エコーもしくは血液検査は受診する事をオススメします。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ