ダウン症の出生確率!34歳でのダウン症の確率について!

30代になると、子供を産むことに関してさまざまなことを考えるようになります。

特に一般的には35歳以上での出産は高齢出産と呼ばれており、リスクが大きいとされているために不安を抱えている方は多いです。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産でのダウン症の確率について

女性として生まれてきたならば、やはり子供を産みたいと考えるのは自然なことでしょう。

 

女性ポートレイト

 

しかし最近は結婚の晩婚化が進んでおり、やっと結婚できたと思ったのに出産が困難な状況になってしまい悩んでいる女性は多いです。

もし、34歳で出産をするのであれば、どのくらいの確率でダウン症の子供が生まれてくるのでしょうか。

34歳の場合はダウン症の子供が生まれる可能性は500分の1となっています。

これはパーセントとして表すと0.2%であり、それほど大きな数字ではありません。

たとえば、44歳での出産の場合は44分の1であり、それと比較すればかなり可能性は低いといえるでしょう。

最近は高齢出産の危険性が認知されるようになり、色々なところで高齢での出産はやめておいた方が良いということが聞かれるようになりました。

しかしだからといって34歳の方が高齢出産について必要以上に気にしすぎることはないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

20代でもダウン症を出産する可能性はある!?

もちろん35歳を超えればある程度は高齢であることのリスクについて真剣に考えることは大切ですが、34歳の場合はそこで出産を諦める必要はありません。

できるだけポジティブに考えることが大切です。

そもそも20代の方でもダウン症児を産んでしまう可能性はあります。

もちろん確率は20代の方が低いですが、必ず20代ならば安全であり、絶対に安心できるわけではないのです。

確率はあくまでも確率であり、20代の方がダウン症児を出産することもあれば、30代や40代でも元気な子供を出産することもあります。

 

▶︎ダウン症児をエコー検査で見ると足が短いのは本当か!?

 

ダウン症の出生確率!34歳でのダウン症の確率について!のまとめ

34歳のダウン症の出生率は500分の1で0.2%になりますが、やはり初産の方にとってはかなり不安です。

100%大丈夫というのはないですが、やはり少しでも気を楽にしてストレスをかけないのが大事です。

そのためにエコー検査は受診することをオススメします!

ダウン症以外にも先天性の障がい等も発見できる可能性がありますので、受診するだけでだいぶ気が楽になります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ