ダウン症の出生確率!35歳でのダウン症の確率について!

ダウン症児の出生確率は

母親の年齢によって異なります。

 

若い時ほど

ダウン症児の生まれる確率は小さく、

逆に高齢出産となるほど

ダウン症児が生まれてくる可能性は

高くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産のダウン症の出産率の理由

理由として、

女性は胎児の頃にすべての

卵子を作り出すからです。

 

マタニティ

 

生まれてきた後で卵子が

再び形成されることはありません。

 

したがって、

卵子はずっと体内で保存された状態となり、

排卵期のたびに排出されていきます。

 

このため、

高齢になるほど卵子の劣化が進んでしまい、

その結果としてダウン症児が

誕生してしまう可能性が高くなるのです。

 

もちろん、

30歳や40歳の女性でも

ほとんどの方は卵子が

健康的な状態を維持しており、

染色体もキレイに残っていることが普通です。

 

しかし、

時間が経過するほど、

染色体に異常が

生じてしまう確率が高くなるため、

これがダウン症児の誕生に

つながってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

35歳からのダウン症

35歳ではダウン症児の

発生頻度は300分の1となっています。

 

これは35歳で

出産された300人の赤ちゃんがいれば、

その中に1人はダウン症児

存在するということを表しています。

 

そして、

一般的には

35歳からが高齢出産とされており、

ダウン症児のリスクが増えていきます。

 

300人に1人という頻度は

人によって感じ方が異なるでしょう。

 

大部分の方にとっては

無縁の話となるのですが、

万が一のこともありえます。

 

しかし、

自分の子供が

ダウン症児であるかもしれないと考えるのは

精神衛生上あまりよくありません。

 

妊娠中にはできるだけ

ポジティブな気持ちになることによって、

お腹の子も健やかに成長します。

 

ダウン症児であっても

自分の子供であることには変わらず、

生まれてきたとしても、

健康に育てることは可能です。

 

また、

35歳ならばそれほど

確率が高いわけではないため

安心しましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ