29歳ダウン症児の出産確率と検査についての悩み

これから妊娠をして、出産をしたいと計画をしている夫婦は沢山いるでしょう。

そんな夫婦にとっての大きな心配事の一つが最近色々なところで話題となっているダウン症です。

 

スポンサーリンク

 

29歳からのダウン症出生確率について

高齢出産ではダウン症になる確率が高くなることは、多くの人が知っているのですが、若い人の中にもダウン症について心配している人はいます。

 

妊婦

たとえば、29歳の人が妊娠をしたとして、お腹の中の子供がダウン症である確率は、どれくらいあるのでしょうか。

30歳の母親の場合、ダウン症児を出生してしまう確率は、952分の1であるとされています。

これはパーセンテージにすると1%以下の数字であり、ほとんど可能性が低いと考えていいでしょう。

したがって、29歳で子供を産もうとしている方は、安心して子作りに励んでください。

そもそも、ダウン症児の出産確率というのは、可能性の高い人だけが精密検査を受けるために、公表されるようになった数字です。

ダウン症児の精密検査を受けると、それによって母胎に影響を与えてしまう可能性が高いため、本当にダウン症児を産んでしまう可能性の高い人にだけ検査を受けてもらうために、ダウン症児の出産確率を出す意味があるのです。

 

スポンサーリンク

 

952分の1の確率

 

952分の1という数字をどのように考えればいいのか悩んでしまう方がいるかもしれません。

極端なことをいえば、20歳の女性でもダウン症児を出産する可能性は0ではないのです。

したがって、どのような検査を受けたとしても、出産確率が0になることはなく、あまりにも低い確率の場合は、気にする必要はないでしょう。

29歳で健康な女性が子供を作ろうと思うならば、ダウン症児のことについては知識として知っておくことに意味はありますが、必要以上に心配しなくてもいいでしょう。

また、妊娠中は精神的に安定した状態でいることが大切なため、ダウン症のことについて無理に考える必要もありません。

 

▶︎つわりが弱いとダウン症の確率がある?つわりとダウン症の関係について!

 

29歳ダウン症児の出産確率と検査についての悩みのまとめ

年齢が若いからといって100%ダウン症の悩みはないとは言えません。

しかし妊娠から出産までには、ダウン症だけでなく他にも沢山の不安要素があります。

29歳となると初産になる人が殆どです。そこで大切なのは旦那さんのサポートになってきます。

ダウン症の不安以外にも妊娠をすると多くの不安が訪れますので、しっかりと旦那さんがサポートをしてあげるべきだと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ