33歳からダウン症の出産確率が高い!?

33才からの高齢妊娠で、ダウン症の子を妊娠する確率は高いのでしょうか?

442分の1が33歳のダウン症の出産率のようです!

高齢妊娠は、「危険である」という認識が強く根付いているようですが確かに、ダウン症の子供を妊娠する可能性は高くなっている、と言われています。

 

スポンサーリンク

 

33歳からの出産について!

高齢で妊娠する危険性というのは、どのようなことかと言いますと、まず「妊娠しにくくなる」ということだそうです。

同じ体外受精でも、年齢が高齢になるほど妊娠しにくいようですね。

次に、「流産しやすくなる」という傾向もあるようです。

また、「子供さんに染色体異常が多くなる」という事実もあります。

 

女性ポートレイト

 

これがつまりダウン症の子供ができる、ということです。

ダウン症というのは、染色体の異常によって生まれる障害ですからね。

まぁ、以上のように、33歳からの妊娠でダウン症の子を妊娠する可能性というのはかなり高くなる、ということがわかるわけです。

 

スポンサーリンク

 

33歳のダウン症の出産率は意外と高い!

高齢妊娠が危険、という俗説もまんざらでもない、ということになりますね。

全部が全部、ダウン症になってしまう、ということはなく、実際に元気な子供を出産している人もたくさんいます。

でも、確率的には33歳からの妊娠でダウン症の子を妊娠する可能性というのは高い、ということなのでしょう…。

私の周りでも、このくらいの年齢になってから子供を作りたい、と望んでいる人がいますが、こういうリスクがありますので、どうなのでしょうかね。

もちろん個人の自由ですが、障害を持って生まれる可能性が高いというのは見逃せない事実だと思います。

医学は進んでいると言いますが、障害を持ってしまった子を治すことはできませんよね。

 

▶︎40歳からのダウン症の確率は意外と低い事が判明?

33歳からダウン症の出産確率が高い!?のまとめ

33歳での出産というのは、近年多くその中での割合を見た場合、442分の1というのは高いと感じるのかもしれません。

高齢出産は35歳から言われるようになるため、33歳はその一日手前ということもあり、年齢的にもダウン症という言葉に敏感になっているというのも事実です。

個人的な意見としては、エコー検査はしっかりと受けた方が良いと思います。

羊水検査は体に負担がかかるので、医師との相談をした方が良いですが、エコー検査だけでもダウン症の可能性というのはわかるので、30歳以上での出産は検討してみると良いかと思います。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ