ダウン症の顔の海外での特徴!

ダウン症の顔の海外での特徴ですが、これは率直に言って、日本と同じだそうです。

そもそもダウン症というのは、染色体の異常が原因となって発症した障害ですが、日本人でも外国人でも同じだそうです。

 

スポンサーリンク

 

日本と海外のダウン症の顔の違い!

日本では、ダウン症の顔というのはよく似ているとか、同じ顔、とか言われていますが外国でも同じことが、言えるとのことです。

すべての人間に言える、ということのようですね。

顔のつくりも日本人のダウン症の患者さんと同じで、外国人でも変わりないそうです。

日本では、ダウン症の患者さんは千人に一人くらいの割合で生まれているそうです。

ちなみにアメリカでは、年間六千人くらいのダウン症の患者さんが生まれているそうですよ。

そしてダウン症として生まれてしまった人たちは、「兄弟が各国にいるようで楽しいです」などという、ユーモラスな言葉を残しています。

 

ダウン症29870135

 

そういう風にとらえることの出来るところが、何とも外国的ですよね。

あっけらかんとしている、といいますか、明るいといいますか・・。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の人は優しく穏やか!

ダウン症の顔というのはそういうわけで、海外でも変わらないわけですがダウン症の患者さんは、優しく穏やかな性格の人が多い、とのことですので周りの人たちもあたたかく見守ってあげるべきだ、と結んでありました。

私も本当にその通りだと思いましたね。

ダウン症の顔の患者さんは海外でもたくさんいる、ということを学ぶと皆、それでもがんばって生きているんだなぁ、ということを思い知らされるような気がしています。

ですから、ダウン症として生まれてきてしまったことを卑下せずに持前の明るさで、人に笑顔をもたらしてくれればなぁ、と感じています。

それが私たちに課せられた義務なのではないかと強く思っています。

▶︎ダウン症の顔は年齢によって変化するのか!?

 

ダウン症の顔の海外での特徴!のまとめ

国によって元々の顔の特徴はあるにしても、ダウン症の顔の特徴はどの国も同じというのがわかります。

日本が1000人に1人の割合に対して、アメリカでは6000人のダウン症の方が産まれるのも、国の人口の多さを感じさせられます。

「兄弟が各国にいるようで楽しい」という言葉は、心優しいダウン症の人らしい言葉だと思いました!

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ