ダウン症の顔は大人になっても同じなのか?

ダウン症の顔は、大人になっても同じなのか、ということについてですが、多くの人が興味を持たれている疑問なのではないかと思います。

ダウン症は染色体の異常により出てくる障害ですが、子供のうちは顔が似ている、と似ていると言われています。

 

スポンサーリンク

 

大人になるとダウン症の顔は変わって行く?

あくまでもそれは子供の頃の話であって、大人になってからはどうなのか、と言いますとはっきり言って、顔が変わる、と言えるようです。

この、ダウン症という障害が、大人になるにつれて弱まってくる、という説がありますがどうやらこの説は正しいようですね。

つまり、大人になると子供のころのダウン症特有の顔がなりをひそめてしまう、ということのようなのです。

また、ダウン症を患っている子供も、成人するにつれ、自立してくるので大人の顔になってくる、などという見解もあるようです。

 

Young handicapped musician raising arms with violin.

いずれにせよ、子供のころに持っていたアトピー性皮膚炎やぜんそくが成人するにつれて、軽度になってくるのと原理は同じなのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

 

なぜ高齢者のダウン症の患者を見かけなくなるのか?

高齢者のダウン症患者を見かけることはあまりないと思うのですがこれは、ダウン症患者の寿命が短く平均的には50歳くらいらしいので高齢者がいない、ということになるようです。

これはとてもさみしいことですが、仕方のないことなのでしょう…。

とにかくダウン症患者として生まれた子供は、成長するにつれて、風貌も変わってくることは確かなようです。

ですから、一般的に知られているあの容姿も、加齢とともに変わってゆくわけですね。

私も持病のアトピー性皮膚炎が成人してから治ったので、とてもうれしいです。

ダウン症もそれと同じようなものですので、どうか一生懸命に生きて行って頂きたいと思っています。

 

▶︎ダウン症の顔の赤ちゃんの特徴!

 

ダウン症の顔は大人になっても同じなのか?のまとめ

近年ではダウン症の人の寿命も延びて来たとはいえ平均が50歳となると、やはり平均よりもだいぶ短命だというのがよくわかります。

大人になって顔が変わってくるという事ですが、逆に大人になりダウン症と気づく人もいるようです。

軽度のダウン症の場合は、ダウン症と気がつかないという事もあるというのも納得がいきます!

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ