ダウン症の検査をしておろす人の確率は!

お腹の胎児が検査をした結果、ダウン症であった場合、中絶を考え実行する確率は、年々増加しているのが事実です。

100パーセントを基準にした場合、70パーセントの確率で中絶を希望する程高い確率である事が分かりました。

スポンサーリンク

ダウン症の中絶について

妊婦シルエット

実際にダウン症の検査をする基準としては、羊水検査を希望する場合は、妊娠15週目頃に行います。

ダウン症の有無が確定するまで、約1か月程の時間がかかるようです。

そして、羊水検査は確実にダウン症の有無が分かります。

羊水検査は、高齢出産の領域にある人が、受ける事を希望するケースが多くなってきました。

費用は10万円程で受けられます。

妊婦の血液検査でも、ダウン症の可能性は検査する事が出来ます。

流産等のリスクはありませんが、可能性の範囲にとどまるのが現在の状況ですから、ダウン症の有無の確定には至りません。

費用は1〜2万円程で受ける事が可能になっています。

また人工中絶をするとしても、妊娠22週目未満でなければ、中絶する事が出来ません。

それまでに検査を受け、どうするかを決めるのは、苦渋の決断だと思います。

→葉酸サプリの効果!男性も葉酸を飲ん方が良い2つの理由

ダウン症と向き合いどうするのか?を考える

授かった命が染色体異常のダウン症であるという事実と向き合い、

中絶をする場合も、妊娠を継続する場合も、気持ちが穏やかではいられないのが事実です。

出産したとしても、その後の成長過程で様々な問題が出てくるでしょう。

ダウン症で産まれた子供の将来まで、心労は付いて回ります。自信が無いという理由で人工中絶を希望する確率が高いものです。

世間体を気にして、流産だった…と済ませる人も多くなっているのが事実です。

悲しい現実ですが、現実を受け入れて全てに対して責任を持てないのであれば、人工中絶という選択肢も「あり」だと思います。

スポンサーリンク

→【ダウン症予防】葉酸サプリの選び方!注意すべき3つのポイント

ダウン症の不安を軽減するのが葉酸!葉酸の摂取で英米では先天性異常の発生が10分の1になった

ダウン症のほとんどは、偶然発生する分裂異常が原因です。

そのため、ダウン症を決定的に予防する事はできません。

ただし、染色体のコピー複製のトラブルを減らす事が出来れば、ダウン症のリスクを押さえる事が可能です。

DNAを合成する際、補助酵素として重要な働きをするのが、葉酸です。葉酸を妊娠初期に十分摂取すると、胎児の細胞分裂が、正常に行われるようになります。

ダウン症の検査をして、出産を諦めるという事態を回避できます。

アメリカやイギリスでは、葉酸摂取を徹底する事で、ダウン症などの先天性異常の発生が、10年で10分の1に減少しました。

葉酸の摂取は、ダウン症の検査とともに、ダウン症予防の方法として、推奨されています。

→ダウン症予防!妊活・妊娠中に葉酸サプリを飲むとどんな効果が出る?

葉酸サプリの中でオススメするのはベルタ葉酸サプリ!葉酸が効率的に摂取できる

葉酸には、ポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸の2種類があります。

このうち、厚生労働省が妊婦に推奨しているのは、モノグルタミン酸型葉酸です。

体内吸収率が違うためです。

ポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は、検査をしてみると、50%程度にとどまっていますが、モノグルタミン酸型葉酸は、85%が体内に吸収されます。

モノグルタミン酸型葉酸を効率よく摂取できるように、工夫が凝らされているのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリは、天然型酵母葉酸100%。

酵母で発酵培養してあるため、葉酸を効率よく摂取できます。

また、葉酸の吸収を助ける、ビタミンB6やビタミンB12なども配合されています。

無臭で、粒も小さいので、つわりの時期に安心して飲めると好評です。

→厚生労働省推奨ベルタ葉酸サプリを見る


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ