ダウン症の検査値段一覧と国から援助はあるのか!?

ダウン症の検査値段や国から援助はあるのか!?

ダウン症児を出産して、赤ちゃんのうちは非常に育てやすいという事が言われています。

実際にダウン症を持って産まれてきた赤ちゃんは、泣く事が少なく、手がかからないのも事実です。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の赤ちゃんには国からの援助はあるのか?

普通の赤ちゃんが歩き始めたり、言葉を発するようになってくる時期には、やはり大きな差が出てきてしまいます。

重度か軽度かの症状や合併症の有無によって違いはありますが、基本的にダウン症も国からの援助・補助はあります。

 

ダウン症 検査 値段

http://www.kobato.gr.jp/142/houkoku142.htmより引用

 

まずは知的障害の申請から始まるのですが、ダウン症の症状だけで知的障害が無いケースもあります。

知的障害の程度を決める「療育手帳」の取得手続きをします。

ある程度は出産した病院での指示や話を聞く事も相談する事もできますし、市役所の福祉窓口で相談する方法もあります。

療育手帳には、その場所によって様々な名前が付けられているのが特徴です。

ダウン症のみの場合は、階級が3から4という段階になります。数字が小さくなるほど、重度の障害であるということになります。

 

スポンサーリンク

 

医療手帳で受けられる支援

療育手帳を取得する事で金銭的な支援が受けられますが、自治体等で若干の差があるのも事実です。

医療費に関しては、現在の日本では中学生以下が無料となっている状態ですが、こちらは同じ扱いになります。

移動の際の支援として、公共交通機関の割引が受けられる事もあげられます。

ダウン症児は昔は短命であると言われていましたが、現在は合併症の治療が高度になり可能になっています。

その為、健常者同様長生きできる人が多くなりました。

社会的な支援に関しても、ダウン症の人を受け入れる企業であったり、専門の職場というものもあります。

立派に働く事が可能になりましたが、まだまだ理解が乏しいのも事実です。

 

▶︎ダウン症の出生前検査は年齢制限があるって本当なのか!?

 

ダウン症の検査値段一覧と国から援助はあるのか!?のまとめ

昔に比べるとダウン症に関してだいぶ育てやすくはなったとはいえ、まだまだ改善するところは多くあると思われます。

国からの支援も自治体等での差があるのもいずれかは一律になることを願いたいです!

それには私たちもダウン症に対する認識を高める必要がもっとあるのではないか?と思いました!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ