ダウン症の検査が出来るオススメの札幌での病院は?

ダウン症の検査方法には、

超音波検査、

絨毛検査、

羊水検査、

母体血清マーカー検査(クアトロテスト)、

新型出生前診断

(無侵襲的出生前遺伝学的検査・NIPT)があります。

 

スポンサーリンク

 

流産の危険性を伴わない検査

このうち、

超音波検査、

クアトロテスト、

新型出生前診断については

流産の危険性を伴わない検査方法であり、

特別な事情がない限り、

ダウン症の検査として

まずはこれらの検査を行うべきといえます。

 

超音波検査を除く、

いずれの検査方法も実施されている病院と

実施していない病院がありますが、

とりわけ2013年3月に国内で

認可されたばかりの新型出生前診断

実施している病院が限定されています。

 

ダウン症 検査 札幌

http://www.htlv1joho.org/general/general_gcheckup.htmlより引用

 

また、

クアトロテスト

新型出生前診断も

母体の血液を採取して

胎児の異常を調べるものであり、

羊水検査などの確定診断前の

スクリーニング検査として

実施されるものですが、

費用の点で大きな差があります。

 

クアトロテストは1~2万円程度

新型出生前診断は約20万円かかります。

 

そこで、

より慎重に検査を受ける病院を選びたいのが

新型出生前診断ですよね。

 

スポンサーリンク

 

札幌市内でダウン症と言えばこの病院

札幌市内では、

北海道大学病院

札幌医科大学附属病院があります。

 

まずは北海道大学病院を見てみましょう。

 

こちらの公式サイトには非常に詳しく

妊娠中の先天性異常の

検査について書かれています。

 

新型出生前診断については

妊娠10週0日以降から実施しており、

検査前のカウンセリングや

産後の母子に対する

フォローアップ体制など充実しております。

 

一方、

札幌医科大学附属病院は

2014年10月現在、

札幌医科大学附属病院に

入院および通院中である場合に限って、

新型出生前診断を受けることができる

という状況にあるようです。

 

また、

一般に向けて実施を再開する場合は

その旨を公式サイトで

告知するようなので、

問い合わせが必要となりそうです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ