ダウン症と分かる検査は保険が対応!産後どのくらいでダウン症が判明

以前に比べ、

ダウン症の子供が増えているようです。

その背景にあるのは、

高齢出産。

 

以前は、

20代で出産される方が多かったのですが、

今は晩婚時代。

 

30代で結婚という方も多い世の中です。

結婚が遅いと、

当然出産の時期も遅くなります。

 

中には40代で出産という方もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、

高齢出産になると色々なリスクも

大きくなってくるようです。

その1つがダウン症。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児が産まれる確率を年代別にしてみた

ダウン症の子供が生まれる確立が、

20歳は1600人に1人。

30歳は900人に1人、

35歳は350人に1人。

40歳は100人に1人、

そして45歳では30人に1人の確立まで増えるのです。

 

妊娠・出産_イラスト

 

出産年齢が35歳を過ぎると、

一気に確立が上がってしまいます。

 

高齢出産の場合は、

妊娠中に検査を進められることもあるようです。

 

しかし、この検査は保険適用外となっています。

 

時々、

妊娠中のエコー検査でダウン症が

見つかることもあります。

 

首の後ろにこぶのようなものが、

エコーで発見されたときに、

ダウン症を疑うそうです。

 

こういった場合は、

生後数日してから血液検査を行い、

染色体に異常がないかを調べます。

 

しかし、

妊娠中に見つからなかった場合は、

生後数ヶ月して発見されることが多いようです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の赤ちゃんの特長

ダウン症の赤ちゃんは、

抱っこしたときに柔らかいという

特徴を持っています。

 

また筋力がないので、

母乳やミルクの飲みが悪く、

体重があまり増えないという特徴も持っています。

 

こういった特徴から、

1ヶ月検診などの検診で

「ダウン症」と診断が下されることも多いようです。

 

ダウン症の検査は、

乳幼児医療の保険内で検査ができます。

 

もしご心配な方は、

一度かかりつけの先生に

ご相談されてみてもいいかもしれませんね。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ